【実はネコはキレイ好き】知っておきたい「身だしなみ」のギモンQ&A

写真拡大 (全10枚)

ネコはとってもキレイ好きな動物。自分で毛づくろいなどしていますが、飼い主さんが手を加えた方が良いこともあります。正しい身だしなみの方法をここではQ&A形式でご紹介します。


【Q1】ネコの「あごにきび」は
どうすれば防げるの?


【A】濡れたコットンでアゴを拭けばOK

ネコは自分の前足でぬぐって顔をきれいにしますが、あご周りは食べかすが付きやすい上、前足が届きにくい場所。雑菌が繁殖して「あごニキビ」ができることもあるので、濡れたコットンでこまめに拭いてあげましょう。



あご周りの汚れを放っておくとどんどん黒ずみ、「あごニキビ」と呼ばれるブツブツができてしまいます。強くこすると炎症になるので、こうなってしまったらすぐ獣医師の診察を受けましょう。



フードや食べかすが付きやすいあご周りは、顔の中で最も汚れやすい場所。ガーゼやコットンを湿らせ、毛の流れに沿うようにして丁寧に拭きましょう。


【Q2】飼い猫がブラッシング
を嫌がるんだけどどうすれば良い?


【A】ネコがリラックスしているときに慣れされる

嫌がるネコに、強引にブラッシングをするのはNG。ネコがリラックスしているときに、まず人間の手の指で毛をとかし、様子を見ながら少しずつブラシをあてます。



まずは体を手でなで、次に指で毛をとかし、徐々にブラシでとかして慣れさせます。


【Q3】抜け毛がよく取れる
ブラシってどれ?


【A】コングラバーはごっぞりとれます

ネコは自分でなめて毛繕いしますが、飲み込んだ毛を吐き出せずに詰まる「毛球症」になることも。樹脂製でピンが太い「コングラバーブラシ」で毎日ブラッシングして、抜け毛をごっそり取りましょう。



コング
コングラバーブラシ
猫用
実勢価格:900円


【Q4】ネコもシャンプー
した方がいいの?



【A】長毛は定期的にやったほうが良い

短毛種はこまめにブラッシングをしていれば、シャンプーは特に必要ありません。長毛種は毛が汚れやすくもつれやすいので、月に1度のシャンプーがベスト。


【Q5】シャンプーする時の
ポイントやコツはあるの?


【A】頭や顔はスポンジで洗い、すすぎ残しは絶対に避けること

ほとんどのネコは、シャンプーが大嫌い。体力のない生後7か月未満のネコや、老ネコのシャンプーは避けましょう。お湯の温度はちょっとぬるめの38度くらいがベストです。



おしりのほうから濡らし、泡立てたシャンプーをネコの体全体にかけてマッサージするように洗います。



シッポやおしりは汚れやすいので、しっかりと泡立てて洗います。敏感な部分なので、ゴシゴシ洗いは禁物です。



汚れやすいけれどデリケートな顔周りは、シャンプーを含ませたスポンジでぬぐうようにやさしく洗います。



すすぎ残しは皮膚トラブルの原因になるので、しっかり洗い流します。タオルドライ後、ドライヤーで乾燥させましょう。

以上、ネコの身だしなみQ&Aでした。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。