栄養療法や漢方治療も行っている山口病院精神科部長の奥平智之さん

写真拡大

 季節の変わり目は体調を崩しやすいものだが、旬の野菜を上手に摂ることで、健康的に過ごせるという。では、何をどう食べればいいのだろうか? 栄養療法に詳しい精神科医の奥平智之さんに「メンタルと食」について聞いた。

「鉄欠乏=貧血のイメージが強いですが、イライラして気分がさえない、集中力がない、眠りが浅いなどのメンタル症状にも、鉄欠乏が隠れている可能性があります。鉄は精神症状だけでなく、髪や爪を作るケラチンの代謝にもかかわっており、不足すると髪が抜けたり、爪が弱くなるなど、美容面での影響も。鉄を補うことで、精神症状は劇的に改善し、美容効果も生まれます。胃腸が丈夫になって本来の食欲が戻り、食欲の秋が楽しめます」

 そんな奥平さんが勧めるのが「秋野菜とかつおのカレースープ」だ。ご飯を豆腐に替えて糖質を減らし、中鎖脂肪酸を豊富に含むココナッツオイルでエネルギー代謝を高めることで、ダイエット効果が期待できる。

鉄分の吸収をビタミンCが助ける。また、炎症体質の人は、抗炎症作用のあるEPAを摂り、炎症が改善すると、鉄の利用や吸収もアップする。

【秋野菜とかつおのカレースープのレシピ】

【1】鍋にココナッツオイル、クミンシード各大さじ1を入れ、弱火で炒める。
【2】香りが立ったら、食べやすくカットしたれんこん1/2節、かぶ1個、しめじ1/2パックを入れて炒める。
【3】水2カップ、カレー粉大さじ1、赤唐辛子適量、ココナッツクリーム1カップを入れ、沸騰したら弱火で7〜8分煮て、塩こしょうで味を調える。
【4】器に温めた豆腐1/4丁分、かつおの刺身6切れ、ゆでたブロッコリーとカリフラワー適量を添え、【3】を上からかける。

※女性セブン2017年10月12日号