松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

宿敵トーマス撃破、ラウンド前のルーティンに米記者感銘「君はしっかり見ないといけない」

 海外男子ゴルフのプレジデンツカップ最終日は1日(日本時間2日)、全選手が出場するシングルス12戦が行われ、世界選抜の松山英樹(レクサス)が米国選抜のジャスティン・トーマスを3&1で撃破。シーズン最終戦のラストで、木をすり抜ける“神アプローチ”などで称賛を呼んでいたが、米記者はラウンド前の一流のルーティンに注目。「ヒデキ・マツヤマを見ておかないといけない」と絶賛している。

 松山は神懸かり的なアプローチを演じ、世界ランク3位の本領を最後の最後で発揮した。6番パー4で木の目の前から放ったアプローチで、巨大な木をすり抜け、ピン横1.5メートルにつけるスーパーショットが炸裂。ピンチを一転チャンスに変えた一打にPGAツアーは「木? 木がなんだって?」と公式ツイッターに動画付きで紹介し、称賛するなど話題を呼んでいた。

 しかし、現地ではラウンド前から日本のエースの“ある行動”で注目は高まっていた。米スポーツ専門局「ESPN」のジェイソン・ソベル記者は、松山の入念にグラブを調整する様子に目を奪われていた。

「大きな試合の前、君が愛用するドライバーを隅々まで調整すること以上に、試合中における自信へと繋がるものはない。君はしっかりと見ておかないといけない、ヒデキ・マツヤマを」

“予言”的中の松山勝利に記者喜び「言った通りだろ? ゴルフとはそういうもの」

 アスリートとして道具を大事にする姿勢は、一流の共通項ともいえる。同記者はそんな姿に感銘を受け、未来のトップ選手へのメッセージとして言葉を送ったようだ。

 そして、現地記者を魅了した松山は全米プロゴルフ選手権で逆転優勝を許したトーマスを見事に撃破。米国選抜に対し、意地を見せた。松山のマッチプレー後、ソベル記者はこうつぶやいた。

「彼は18ホールで8アンダー、あのジャスティン・トーマスを撃破してみせた。言った通りだろ? ゴルフとはそういうものなんだ」

 大会は米国選抜に優勝を許したが、不振にあえいできたシーズン終盤で現地メディアもうならせた松山。確かな実力を証明し、来シーズンはさらなる飛躍を目指す。