秋の有田陶器まつり! 食と器の祭典

写真拡大 (全2枚)

 有田の陶器市といえば、ゴールデンウィーク。軍手をはめて器を見定める大勢の器好きで賑わうが、行き損ねた、という人は、晩秋の有田を堪能しよう。「第13回秋の有田陶磁器まつり」が、11月22〜26日まで開かれる。器はもちろん、紅葉から郷土料理まで、有田の魅力をゆっくり楽しめる。

 有田には400年の歴史と伝統を守り、今でも薪による窯焚きをしている窯元がある。その伝統の薪窯焚きを間近で体感できる企画、「焱の響演〜薪窯(まきがま)めぐり〜」では、普段は公開されていない窯の公開や、薪入れ体験などもできる。

 また、有田の紅葉を楽しむ散策や、豪華な町屋が残るレトロな町並みを、着物を着て散策する「着物で秋のありたさんぽ」、ガイド付きの周遊バスも運行される。

「秋の有田陶磁器まつり」特設ページ http://www.arita.jp/event/toujikimatsuri/