最終回の平均視聴率は関東地区で21.4%、関西地区で21.3%だった(ビデオリサーチ調べ)/(C)NHK

写真拡大

9月30日に最終回を迎えた連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK総合ほか)の各種視聴率が発表された。最終回の平均視聴率は関東地区で21.4%、関西地区で21.3%だった。(ビデオリサーチ調べ、以下同)

【写真を見る】ファン感謝祭に、晴れやかな笑顔で登場した有村架純/提供=NHK

本作は、奥茨城から集団就職で上京したヒロイン・みね子(有村架純)の、さまざまな人々との出会いと別れを描いた青春記。

初回が関東地区で19.5%、関西地区で19.7%だった同作は、最高視聴率が関東地区で24.4%。これは最終回を翌々日に控えた9月28日放送の第154回で、奥茨城に帰ってきたみね子が谷田部家の畑に咲き乱れた花々に驚き、実(沢村一樹)がみね子に、もう家への仕送りはいらないと伝えるエピソードだった。

また、関西地区での最高視聴率は8月7日の23.7%で、第109回のこと。ようやく再会したみね子と実の2人暮らしが始まり、一方、奥茨城に戻った美代子(木村佳乃)が、東京での出来事を話すべく“奥茨城母の会”を開催する…という回だった。

もちろん、土曜日の朝が不利であることなど、放送される曜日と生活スタイルとの兼ね合いによる影響も大きいだろうが、関東と関西、ともに奥茨城をメインに描いたエピソードが最高視聴率を獲得する結果となった。

なお、全156回の期間平均は関東20.4%、関西20.3%となり、前作「べっぴんさん」(関東20.3%、関西20.2%)をわずかながら上回った。「ひよっこ」は視聴率の面では序盤に苦戦を強いられており、徐々に巻き返していった形だ。

■ 有村架純コメント

半年間、皆さんが「ひよっこ」を愛してくださったおかげで、こんなにも晴れやかに終わることができました。「ひよっこ」という作品、谷田部みね子という役を演じることができて、すごく幸せで、大切な宝物です。

共演者の皆さん、スタッフの皆さんに本当に支えられて撮影をしてきました。作品の雰囲気が現場の雰囲気だということが、伝わっていたらうれしいです。

皆さんの中にどうか、「ひよっこ」という作品が生き続けていきますように。本当にありがとうございました。

■ 制作統括・菓子浩氏コメント

半年間、「ひよっこ」をご覧いただき、ありがとうございました。たくさんの方々に見ていただけたことを、大変うれしく思っています。

特に、物語が進むにつれて、「ひよっこ」を愛していただく方々が増えていったことは、キャスト、スタッフにとって大きな励みになりました。

岡田惠和さんのすてきな脚本と、有村架純さんをはじめキャストの熱演が生み出した、みね子の家族や仲間たちとの大切な日々。放送は終わりましたが、「みね子たち、今ごろ、どうしてるかなぁ」と、ときどき思い出していただけたらうれしいです。ありがとうございました。

■ 総集編の放送が決定

同番組の総集編は10月9日(月・祝)昼3時5分から、前後編続けて173分にわたって放送される。

なお、「ザテレビジョン」では10月10日(火)夜11時59分まで「第94回ドラマアカデミー賞」の投票を受け付けており、本作も複数部門にノミネートされている。