ペップがスペイン政府を批判 カタルーニャ独立投票での衝突に「なぜ英国のようにできないのか」

写真拡大

故郷で起きた暴行事件にグアルディオラ監督が怒り 「スペインは現実を隠そうとするだろう」

 バルセロナは10月1日に激震の一日を過ごした。

 カタルーニャではスペインからの独立の是非を問う住民投票が行われたが、スペイン政府は独立阻止のために対抗措置。警官隊が住民と衝突する事態に発展し、バルセロナは試合開始25分前に本拠地カンプ・ノウでのラス・パルマス戦を、無観客試合とする異例の措置をとった。

 カタルーニャ人というアイデンティティーに重きを置く元バルセロナ監督で、現在はマンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、強硬措置に出たスペイン当局を痛烈に批判している。地元ラジオ局「RAC1」と「カタルーニャ・ラジオ」でのインタビューで語ったもの。

「我々はスペインが嫌いと彼ら(政府)に考えてもらいたくはない。スペインは素晴らしい国家だ。その文化、スポーツ、街もそうだ。しかし、自分たちの将来を自分で決めたいと願う人々が存在することを理解する必要がある」

 名将はカタルーニャ人としての立場を明確にしたうえで、メディアで報じられている警官隊による市民への暴行に怒りを露わにした。

「首相はこの問題に答えなければいけない」

「スペインは現実を隠そうとするだろう。しかし、世界中のメディアは報道している。私はエル・パイス(地元紙)が、警官隊が負傷したと報じているのを読んだ。何によって怪我したんだ? 投票によってか? これは真逆だろう。カタルーニャ地方で禁止されているゴム弾で、彼らは人々を傷つけているのに。彼らは女性の指を骨折させているんだ。今日の映像からは反論不能だ」

 海外メディアは、警官隊が警棒とゴム弾で市民を攻撃している映像を繰り返し放送している。そうしたなかスペイン紙によって伝えられた警官と市民との衝突報道を、真逆のものだと言い切った。

「首相はこの問題に答えなければいけない。彼は全スペイン人の首相なのだから。なぜ英国のようにできないのだ。彼らは我々よりも、民主主義という点においては数世紀先に行っている。何よりも、我々はカタルーニャが独立を求めているのか、そうではないのか、まだ分からないのだから」

 グアルディオラ監督は故郷で起きた衝突事件に対するスペイン政府の対応に、怒りを滲ませていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images