ソフトバンクは10月2日から、一部のソフトバンクショップで「iPhone/iPad 修理取次サービス」の提供を開始したと発表しました。これまで、iPhoneやiPadの修理はApple Storeや正規サービスプロバイダに依頼する必要がありましたが、身近なソフトバンクショップで修理依頼ができるようになります。

iPhoneやiPadの修理をソフトバンクショップで依頼可能

ソフトバンクが提供を開始した「iPhone/iPad 修理取次サービス」は、ソフトバンクで購入し、現在契約中のiPhoneまたはiPadの全モデルを対象に、Apple Storeに行かなくてもソフトバンクショップで修理の依頼ができるサービスです。
 
「修理取次サービス」の対象は、本体交換修理、バッテリー交換修理、スピーカーやカメラなどの部品修理、ディスプレイ修理で、いずれも本体を預けての修理となり、修理期間は1週間程度です。
 
修理期間中、ソフトバンクから代替機の貸し出しを受けることができます。ただし、店頭での在庫状況によっては、貸し出しができない場合もあります。

バックアップやiOSをアップデートの上で対象店舗に持ち込み

利用する場合は、事前にiPhoneやiPadのバックアップを取り、iOSを最新版にアップデートした上で、「iPhoneを探す」「iPadを探す」をOFFにして、対象店舗に持ち込みます。店舗への予約は不要です。
 
対象店舗はソフトバンクのWebサイトで確認可能で、今後、順次拡大する予定と案内されています。

 
 
Source:ソフトバンク, iPhone/iPad 修理取次サービス
(hato)