犬だってテレビがおもしろい!?

犬にはテレビがどう見えている?

テレビの中で犬が吠えると、愛犬がテレビまで走り寄ってきてワンワン!なんて光景は、結構お馴染みではないでしょうか?
犬はテレビに映る映像と音を、現実のものと同じように認識することが出来ています。

しかし人間と同じようにテレビが見えている、というわけでもありません。
犬は人間より優れた動体視力を持っており、1秒あたりに認識出来る映像コマ数が人間より多いのだそう。なので、犬にとっては、私たちが滑らかな映像だと思って見えているものが、カチカチと動く古いフィルム映画のように見えている、と言う学者がいます。
また、犬は「2色型」の色覚を持ちます。我々人間は「3色型色覚」ですので、色の見え方は異なりそうですね。

ドッグシッターになるテレビ?

アメリカではなんと、犬のためのテレビチャンネル『DOGTV』があるそうです。DOGTVでは、犬の色覚に合わせて色彩調整がされ、通常の放送に比べて1秒あたりのコマ数を増やした犬にとって非常に魅力的な映像となっています。

DOGTVのプログラムは、お留守番している犬に最適なものになっているのだそう。
留守番中の犬の不安をぬぐうためのリラックス番組や、退屈させないためのアニメ番組など。また、犬がさまざまな場面で順応できるようにするため、犬が玄関チャイムに反応したり、人間の指示に従った姿が映し出された教育番組みたいなものがあるのだそうです。

犬がテレビを見ているときはこんな気持ち?

犬はテレビを見てどのような気持ちになっているのでしょう。
テレビが大好きなかわいい犬の映像から紹介します。これを観ると、犬がテレビが大好きなのがわかります。

楽しそう、一緒に遊ぼう!

犬が大好きな映像コンテンツはやっぱり犬。画面の中の犬に夢中です。
画面の中の犬を一生懸命遊びに誘う子もいますね。

恋しちゃった!?大好き!

人間がアイドルや俳優さんに憧れるのと似ています。ゴールデンレトリバーのCOCOちゃんは、テレビの中のお馴染みの男性に恋をしてしまったようです。

恋の連鎖でしょうか。そんなCOCOちゃんが好きなヒメちゃんの動画です。

ゆっくり見たいの、邪魔しないで!

テレビを見ているのに飼い主さんが呼んでいます。ちょっと待ってよ、今いいところなんだから、とでも言っていそうな、まるで人間親子のやり取りみたいな動画です。

まとめ

犬を留守番させているときに、テレビやラジオをつけて行ったほうがいいと聞いたことはありませんか?静かな室内にひとりでいるよりは寂しさが紛れるのでしょう。興味がある映像が流れていたら退屈しのぎにもなりそうです。
うちの犬はテレビあんまり好きじゃないのよ、という声も聞きますが、比較的嗅覚に頼る傾向が強い犬種は、視覚を刺激するテレビにはあまり興味を示さないと言われているそうです。逆に牧羊犬やテリア種は、画面の中でちょこまか動くものに興味を示しやすいんだとか。また、動物や犬が好きな子は、やはりテレビの中の犬や動物に強く興味を示すことが多いそうですよ。

うちの犬はぽけーっとテレビを眺めていることが多くあります。どこまで分かって見ているのかな、と不思議に思いますが、意外とラブスト―リーのドラマだったり理解して見ているのかもしれませんね。
梅雨時や暑い夏のお散歩不足が心配なシーズンには、テレビで愛犬のストレス発散なんて方法はいかがでしょうか?