チェルシーのアントニオ・コンテ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督が今季限りで同クラブを退団する可能性があるようだ。1日付けの英紙『タイムズ』が報じている。

 同紙はコンテ監督が今季終了後にチェルシーを退団し母国イタリアに戻ると伝えている。48歳のイタリア人指揮官はスペイン代表FWジエゴ・コスタ(現アトレティコ・マドリー)の処遇を巡りクラブ側との衝突、また今夏の補強に関してロマン・アブラモビッチ会長と意見が合わないなどこれまで何度も問題が起こっているようだ。

 昨季からチェルシーで指揮を執るコンテ監督は就任1年目でチームを2季振りのリーグ制覇に導いた。今季もリーグ戦7試合を消化した時点で4位につけている。そんなコンテ監督は先月イタリアのラジオ局『Radio Rai』のインタビューで「今後もし素晴らしい思い出を集めることが出来れば確実にイタリアに戻るだろう」と発言していた。

 なお、チェルシーはコンテ監督の後任候補として現地時間9月28日にバイエルン・ミュンヘンを解任されたカルロ・アンチェロッティ氏をリストアップしているようだ。

text by 編集部