欧州主要リーグで日本人選手が躍動! 芸術ループに3人抜きアシスト、ダブル股抜き弾も…

写真拡大

活躍が目立った今節 香川ら7選手がゴール、原口はバイエルン相手にアシスト

 欧州でプレーする日本人選手が躍動した週末だった。

 主要リーグでドルトムントMF香川真司のゴラッソを含め、計7人がゴール。ヘルタ・ベルリンFW原口元気がバイエルン・ミュンヘン相手に3人抜きアシストを決めた。その活躍ぶりを振り返ってみよう。

 なかでも大きな衝撃を与えたのは、ハリルジャパンで背番号10を背負う香川だった。現地時間9月30日の敵地アウクスブルク戦に先発出場した香川は、1-1の同点で迎えた前半23分にFWアンドレイ・ヤルモレンコのパスから鮮やかなループシュートを、ゴール左隅に沈めてチームの2-1勝利に貢献した。現地メディアでは「偉大な芸術作品」とも称されるほどだった。また、ブンデスリーガ通算得点を38とし、同リーグの日本人最多得点記録も更新して歴史に名を刻んでいる。

 同じドイツでは、二人のストライカーもゴールを決めてアピールしている。マインツのFW武藤嘉紀は、敵地ヴォルフスブルク戦(9月30日/1-1)で右サイドからのクロスに頭で上手く合わせて今季3点目をゲット。1日の試合ではケルンFW大迫勇也が、RBライプツィヒ(1-2)とのゲームで、やはりヘディングで今季初ゴールをマークした。

 ヘルタ・ベルリンの原口は今季初先発となった1日のバイエルン戦(2-2)で、ジェローム・ボアテング、ジュシュア・キミッヒ、マッツ・フンメルスという3人のドイツ代表DFを次々とドリブルで抜き去ってMFオンドレイ・ドゥダのゴールをアシストした。得点こそ決められなかったものの、その技術の高さは「ワールドクラスのソロ」と称され、マン・オブ・ザ・マッチに選出される見事な働きぶりだった。

吉田の豪快ボレー弾は英メディアで絶賛

 イングランドでは日本代表の守備の要であるサウサンプトンDF吉田麻也が、9月30日の敵地ストーク戦(1-2)で魅せた。1点ビハインドの後半30分、吉田はCKの流れから相手ゴール前で左サイドからの折り返しに反応し、難しい体勢から飛び上がってボレーシュート。ボールがクロスバーを直撃してゴールに収まる豪快な一撃で、今季初得点を記録した。英メディアでは「輝かしいフィニッシュ」と、CBが見せたストライカーばりのシュート技術が讃えられた。

 ベルギーでは今季不調に喘いでいたヘントFW久保裕也もゴール。1日のクラブ・ブルージュ戦(1-2)の前半23分に、MFブレヒト・デヤーヘレからのロングフィードに反応して飛び出すと、相手GKとDFの間に上手く入り込み、飛び出したGKの頭上を抜く技ありのヘディングシュートで今季2得点目を挙げた。

 同じくベルギーのワースラント・ベベレンに所属するMF森岡亮太は、ロイヤル・アントワープ戦(3-0/9月30日)で今季5点目となるゴールとCKからアシストを決めた。バヒド・ハリルホジッチ監督の下では未招集だが、今季からベルギーに渡った司令塔はゴールセンスに磨きをかけ、存在感を増している。

 今季オランダのフローニンゲンに渡った19歳のMF堂安律も、敵地ズヴォレ戦(2-3/9月30日)でゴール。エリア内左でパスを受け、利き足と反対の右足で放ったシュートは、DFとGKの二人の股間の下を抜ける珍しいゴールとなった。移籍後2得点目、リーグ戦では初ゴールとなった。

 先月28日の代表メンバー発表会見で、ハリルホジッチ監督が語った「ロシア(W杯)へのチケットを確約できる選手は誰一人いない」という言葉に刺激を受けたかどうかは定かでないが、この週末は日本人選手による怒涛のゴールラッシュが各地で繰り広げられた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images