駅弁頂上決戦「駅弁味の陣2017」開催 - 過去最多63品から選ぶJR東日本No,1駅弁

写真拡大

JR東日本駅構内の弁当販売店舗、催事店舗で、「駅弁味の陣2017」が2017年10月1日(日)から11月30日(木)まで開催される。

「駅弁味の陣2017」とは

「駅弁味の陣2017」は地域の特色を生かした駅弁を通して、JR東日本の駅弁ナンバーワンを選ぶイベントのこと。一般のハガキとウェブ投票によって最も評価が高い駅弁を「駅弁大将軍」として決定するほか、「味」、「掛け紙」など様々な項目別の賞も用意される。

過去最多63品の駅弁がエントリー

「駅弁味の陣」は今回で6回目。2017年は過去最多の63品の駅弁がエントリーし、100年以上の歴史を持つ駅弁や、復刻駅弁などバラエティに富んだ豊富なラインナップが揃う。

連覇中の「秋田県」に注目

2年連続「駅弁大将軍」を輩出

2015年の「鶏めし」、2016年の「比内地鶏の鶏めし弁当」と2年連続「駅弁大将軍」を輩出している、東日本駅弁界の重鎮的存在の秋田県。今回も「百年駅弁」や復刻駅弁を引っ提げて参戦する。

100年以上愛され続けた味「牛めし」

明治35年発売の秋田名物人気駅弁「牛めし」が登場。40年前の掛け紙とおかずを復元し、今回の「駅弁大将軍」の筆頭候補として名を連ねる。

「わっぱ舞茸」や「鶏めし」の復刻弁当も

あきたこまちと秋田県産舞茸を使用した「わっぱ舞茸」と、2017年9月現在連覇中の「駅弁大将軍」の鶏めしが「復刻版 鶏めし弁当」として参戦。素材にも味にもこだわった、まさに盤石の布陣だ。

古豪とは言わせない、秋田と並ぶエース「山形県」

実は秋田県の連覇以前に、2013年、2014年と先に連覇を果たしていたのが「山形県」。秋田県に取って代わられた「駅弁大将軍」の奪還に燃える。

山形が贈る、オール「肉」の駅弁たち

山形は、「米沢名物 牛そぼろ」、「牛豚鶏の肉づくし」、「プレミアム焼肉弁当」の3品をラインナップ。まさに肉好きを狙い撃ちした、食欲をそそる駅弁ばかりだ。

打倒東北!他にもある「百年駅弁」や絶品駅弁たち

もちろん秋田県や山形県だけではなく、他にもたくさんの都道府県から絶品駅弁が集結。

大正時代初期の掛け紙を復刻「復刻版 御鯛飯」

神奈川県からは明治40年ごろ発売のロングセラー「御鯛飯」が復刻。大正初期の掛け紙と、当時の味を再現した。

駅弁発祥のおにぎりをイメージ「復刻 おにぎり弁当」

駅弁発祥のおにぎりをイメージし、「駅弁味の陣2017」に合わせてアレンジ復刻。シンプルながら歴史のある味は一食の価値あり。

東北勢の連覇か、はたまたそれを止める新しい「駅弁大将軍」が現れるのか。63品のエントリーの中、あなたならどれを選ぶ。

【詳細】
「駅弁味の陣 2017」
開催期間:2017年10月1日(日)〜11月30日(木)
参加方法:
・応募ハガキから投票
※応募ハガキは、期間中「駅弁味の陣2017」エントリー駅弁取扱店舗および催事箇所での購入者に受け渡し。
・「駅弁味の陣 2017」公式ウェブサイトから投票
エントリー商品:計63品
取り扱い店舗:JR東日本駅構内の弁当販売店舗、催事店舗
※店舗により、一部取扱いのないエントリー駅弁あり。
各賞:計12賞
(1)応募ハガキから投票にて決定
・全エントリー駅弁対象
「駅弁大将軍」「駅弁副将軍」「味覚賞」「盛付賞」「掛け紙賞」「最多応募賞」
・新作駅弁
「初陣賞」
・販売年数のカテゴリーの中から選ばれる賞
「百年将軍」「五十年将軍」「三十年将軍」
(2)公式ウェブサイトからの投票にて決定
「そそられ将軍」
(3)訪日外国人向けウェブサイトからの投票にて決定
「Ekiben Ichiban賞」
結果発表:12月中を予定

※応募ハガキ投票者の中から抽選で、「駅弁味の陣オリジナル前掛け」、「駅弁味の陣オリジナル風呂敷」などの景品をプレゼント。
※WEB応募者の中から抽選で「東京ステーションホテル(パレスサイドプレミアムツイン) ペア宿泊券」や「冬のおすすめ旅行商品ペア」など景品をプレゼント。


[写真付きで読む]駅弁頂上決戦「駅弁味の陣2017」開催 - 過去最多63品から選ぶJR東日本No,1駅弁

外部サイト

  • 「秋の北海道うまいもの会」を西武池袋で - 道民の新たな夜の定番”シメパフェ”や演歌で育った知床牛
  • コンラッド東京「ホワイト・アフタヌーンティー」真っ白の冬をイメージしたマカロンやケーキ
  • アンダーズ 東京の「ハロウィンアフタヌーンティー」ジャック・オー・ランタン&目玉モチーフのスイーツ