バルサ、無観客試合で7連勝達成…レアルは5位浮上/リーガ第7節

写真拡大

 リーガ・エスパニョーラ第7節が9月29日から10月1日にかけて各地で開催された。

 唯一の開幕6連勝で首位を走るバルセロナは、カタルーニャ独立投票による騒動の影響で無観客開催となったホームゲームでラス・パルマスと対戦。スペイン代表MFセルヒオ・ブスケツとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの2ゴールで3−0と快勝し、7連勝を果たした。

 また、3勝2分け1敗で6位のレアル・マドリードは、スペイン代表MFイスコの2ゴールでエスパニョールに勝利。今シーズン4勝目を挙げ、5位に浮上している。

 日本代表MF乾貴士のエイバルは、敵地でエイバルに0−3と完敗。乾は7試合連続で先発メンバーに名を連ねてフル出場を果たしたが、勝利に貢献することはできなかった。ヘタフェはデポルティーボに1−2と敗戦。日本代表MF柴崎岳はベンチ外だった。

 リーガ・エスパニョーラ第7節の結果は以下のとおり。

■リーガ・エスパニョーラ第7節結果
セルタ 3−3 ジローナ
デポルティーボ 2−1 ヘタフェ
セビージャ 2−0 マラガ
レバンテ 0−2 アラベス
レガネス 0−0 アトレティコ・マドリード
レアル・ソシエダ 4−4 ベティス
バルセロナ 3−0 ラス・パルマス
ビジャレアル 3−0 エイバル
バレンシア 3−2 アスレティック・ビルバオ
レアル・マドリード 2−0 エスパニョール

■リーガ・エスパニョーラ第7節順位表

1位 バルセロナ(勝ち点21)
2位 セビージャ(勝ち点16)
3位 バレンシア(勝ち点15)
4位 アトレティコ・マドリード(勝ち点15)
============CL=============
5位 レアル・マドリード(勝ち点14)
6位 ベティス(勝ち点13)
============EL=============
7位 レガネス(勝ち点11)
8位 レアル・ソシエダ(勝ち点9)
9位 ビジャレアル(勝ち点10)
10位 レバンテ(勝ち点9)
11位 セルタ(勝ち点8)
12位 ヘタフェ(勝ち点8)
13位 アスレティック・ビルバオ(勝ち点8)
14位 エスパニョール(勝ち点8)
15位 デポルティーボ(勝ち点7)
16位 ジローナ(勝ち点6)
17位 ラス・パルマス(勝ち点6)
============降格============
18位 エイバル(勝ち点6)
19位 アラベス(勝ち点3)
20位 マラガ(勝ち点1)