ジダン監督(左)はイスコ(右)を称賛した【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリーは1日、エスパニョールを2-0で退けてリーグ戦7試合目にしてホーム初勝利を挙げた。

 この試合で2ゴールを奪い、マドリーを勝利を導いたのはイスコ。世界各国から集まったスーパースターたちの中にあって、超絶技巧で攻撃陣をけん引するMFはスペイン人選手の象徴として人気を集めている。

 そしてマドリーのジネディーヌ・ジダン監督も、イスコの才能に惚れ込んだ1人だ。エスパニョール戦後の記者会見で「彼は、自分がチームにとって重要な選手だとわかっている」と自信を深めつつある愛弟子を絶賛した。

 昨季までもはや放出候補と囁かれていたにもかかわらず、ジダン監督の抜てきによって決定的なプレーを連発すると、短期間でマドリーに欠かせない選手へと急成長を遂げた。クリスティアーノ・ロナウドが不調に苦しみ、カリム・ベンゼマが負傷中の現在、イスコのプレーはチームの希望になっている。

 ジダン監督は「彼はストリートで遊んでいるかのようにサッカーをする。私はそれが好きなんだ。うまくいかなくても気に病むことはないし、忍耐力があって、何度でも立ち上がるんだ」と、プレースタイルやメンタルの強さも称えた。

 イスコは今季のリーグ戦で6試合に出場して1アシストのみと、数字上はそれほど目立たない。しかし、ジダン監督が起用し続けるだけの質の高いプレーを披露し続けている。今季は不振が叫ばれるマドリーだが、地元スペイン出身の25歳が救世主になるかもしれない。

text by 編集部