いとうあさこ

写真拡大

2日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で、お笑い芸人のいとうあさこが、6歳の少女からのファンレターにショックを受けたと明らかにした。

番組では「エンタメまるごとクイズッス」のコーナーに、いとうがVTRで登場。司会の加藤浩次に、6歳の少女からのファンレターに「ちょっとショックを受けちゃった理由」をクイズとして出題した。

正解は文中の文言だったよう。ファンレターにはいとうの似顔絵とともに、習ったばかりと思しきひらがなで「がんばれあさこちゃん あきらめないで」と、たどたどしい文が添えられていたのだとか。

チュートリアルの徳井義実が「この人はボロボロだって思ってるんやろうんな」などと、少女の気持ちを汲み取る。すると、いとうは「お母さんより年上のおばさんが、ひとりでテレビで這いつくばってるから」と笑い、少女が「がんばって」とつづった心境を想像する。

続けて「何をさせられてんだろうね」「47(歳)がね」と自虐をするも、最後は少女に向かって「あきらめてないんだよ」と、笑顔で訴えていた。

終始明るい雰囲気のいとうだったが、スタジオの加藤が「あきらめてからが人生なんだけどね」と意味深なコメントをポツリ。これには”天の声”こと南海キャンディーズ・山里亮太が、「加藤さん、あの、なんかすげえ胸に刺さること言い出すね、急に」と驚いていた。

【関連記事】
いとうあさこ 今井絵理子議員の釈明に疑問「手繋ぐのが我慢できない人達が…」
いとうあさこが大親友・大久保佳代子から受けた失恋時の仕打ち
イモトアヤコがいとうあさこから言い聞かされた数々の名言を明かす