長年の親友や仲の良い同僚をお祝いしたりするハレの日に訪れたいお店をご紹介します。※これは、テリヤキ編集部が独自にまとめた記事になります。テリヤキストによる選別ではありません

下町文化と美味の融合 新感覚の江戸フレンチへ『Nabeno-Ism(ナベノ-イズム)』東京

東京都台東区隅田川沿いにお店を構えるフレンチのお店『Nabeno-Ism(ナベノ-イズム)』。かのフレンチの名店「ジョエル・ロブション」で長年、エグゼクティブシェフを務めた渡辺雄一郎氏が独自の世界観を表現するために、オープンさせたお店です。シェフが創造するのは、あくまでもフランス料理を軸にしながらも、日本の四季と下町の文化を融合させた江戸フレンチ。新感覚のフレンチは、ハレの日にぴったりです。

革新的イマジネーションの先でたどりついたフレンチの新世界『Florilege(フロリレージュ)』東京

東京都渋谷区神宮前にお店を構えるフレンチのお店『Florilege(フロリレージュ)』。店内中央に設しつらえられた厨房をカウンター席から見ることができ、ライブ感が魅力です。コース内容には、各皿ごとにテーマがあり、〈投影〉〈本質〉〈破壊と創造〉といったテーマ性を秘めた13の言葉が、料理それぞれに添えてある。川手シェフの常に考えながら食材と向き合う姿勢が反映された料理を味わうことができます。

東京の守り神のようなレストラン『コート・ドール』東京

東京都港区三田にお店を構えるフレンチのお店『コート・ドール』。クラシックで洗練された大人の空間はで味わうことができるのは、定番の美味しさを味わうという楽しさがあるフレンチ。シンプルな一皿が素晴らしく美味い。贅肉を削ぎ落とし、素材の旨みを最大限に生かす日本最高峰のフレンチです。

どのお店も東京を代表としてするフレンチの名店ばかりです。ぜひ、ハレの日などに利用されてみてはいかがでしょうか?