シン・ゴジラ

写真拡大 (全4枚)

庵野秀明総監督のもと制作された映画『シン・ゴジラ』が、11月12日(日)21時よりテレビ朝日で地上波初放送されることが決定した。

【『シン・ゴジラ』TV初放送だうわあああ まずは君が落ち着け!の画像・動画をすべて見る】

テレビ朝日にとってゴジラ映画の放送は、2005年8月14日の『GODZILLA』(1998年)以来となる。



大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』



「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明さんが脚本と総監督を担当、『のぼうの城』『進撃の巨人』の樋口真嗣さんが監督と特技監督を務めた超大作『シン・ゴジラ』。日本製作のシリーズとしては『ゴジラ FINAL WARS』(2004年)以来、12年ぶりの作品となる。

興行収入は2016年の実写邦画ランキングで1位となる82.5億円の大ヒットを記録。「日本アカデミー賞」でも最優秀作品賞のほか、最優秀監督賞、最優秀撮影賞など、7つの最優秀賞を受賞した。

長谷川博己さん


本作では「現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?」というリアリティに肉薄した課題がテーマ。物語は会話劇を基調にして進行され、ゴジラが日本へ上陸し、壊滅への一途をたどる状況とそれに立ち向かう人々をありありと表現された。

石原さとみさん


さらに長谷川博己さん、竹野内豊さん、石原さとみさんらをはじめ、328名の俳優が参加。さらにゴジラも、史上最大となる体長118.5mの巨体が国内シリーズ初のフルCGでつくられるなど、映像面での見所も多い。

ゴジラコラボ、続々予定


なお、11月17日(金)には、監督を静野孔文さん、脚本を虚淵玄さんがつとめるゴジラ映画史上初のアニメーション映画作品『GODZILLA 怪獣惑星』が公開となる。

それらにあわせ、東京・六本木のテレビ朝日本社でも「シン・ ゴジラ」の地上波デビューを記念した展示を予定しているほか、テレビ朝日の人気番組との連動も行っていくという。