10月1日夜、州政府の賛成9割との発表を受けてカタルーニャ広場で気炎を揚げる人たち(写真:ロイター/アフロ)

スペインからの独立の賛否を問うカタルーニャ州(州都・バルセロナ)の住民投票は10月1日に強行され、州政府の発表によれば、約540万人の有権者のうち226万人が投票し(投票率は42%程度)、90%程度に相当する約200万人が独立賛成票を投じたとされる。

中央政府によって押収された投票用紙に代わり、投票者は自らプリントアウトした投票用紙を持参。中央政府が派遣した警察や治安維持隊が一部の投票所を封鎖したが、州政府は州内のどの投票所でも投票を可能にすることで対応した。

警察の暴力的な対応に非難高まる

一部の投票所では投票を阻止しようとする警察と投票を求める住民との間で衝突が発生、警察が住民に向かってゴム製の銃弾を発砲したケースもあり、700人以上が病院に搬送されたとの報道もある(警察側は11名が負傷)。中央政府は州政府による国勢調査データへのアクセスを阻止するなどの対抗手段に出たが、州政府側は多くの投票所で投票が行われたと主張している。

投票結果を受けてプチデモン州首相は、カタルーニャが独立した州となる権利を獲得したと宣言。数日中に州議会に投票結果を報告するとしており、州議会で可決した住民投票法に基づき、州内にも一方的な独立に向けた動きを前進させる可能性がある。

プチデモン州首相は投票する権利を行使しようとする州住民に対する警察の暴力的な行為を非難。スペイン政府を率いるラホイ首相は、不法な住民投票を阻止するために必要な措置を行なったとして、警察の対応を擁護した。ただ、警察と住民との衝突はメディアで大々的に報道されており、ラホイ首相のイメージ悪化と政権運営へのダメージは避けられない。

ラホイ首相が率いる国民党政権は、新興リベラル政党の市民や国民党寄りの地域政党に支えられているが、議会の過半数を掌握していない。政権発足時は最大野党の社会労働党が投票を棄権し、その後も重要法案では野党勢の協力を仰ぎながらの綱渡りの政権運営を余儀なくされている。

今回の住民投票での政府の対応を巡っては、新興左派政党であるポデモスのイグレシアス党首が非民主的として非難を強めているほか、最大野党の社会労働党のサンチェス党首も対話の重要性を呼びかけ、政府の対応を批判している。連立与党の一角を占めるバスク地方の地域政党も、ラホイ首相の強行姿勢を批判し始めている。

与野党内の政権批判の高まりを受け、政府は住民投票直前に予定された来年度予算案の議会採決の延期を余儀なくされた。今のところ野党勢に政権を打倒する力はないが、政権の求心力低下で政治情勢が流動化する恐れがある。また、国際社会はラホイ政権の方針を支持しているものの、警察と住民の衝突を受け、ベルギーやスロベニアなど欧州連合の首脳の間からも、暴力を通じた対応に非難の声が上がっている。

カタルーニャもスペイン政府も引くに引けない

スペイン政府はこれまで、カタルーニャ州が一方的な独立に向けた動きを前進させる場合、州首相の罷免や憲法155条に基づく州政府の自治権剥奪も辞さない方針を示唆してきた。カタルーニャ州民の間には、今回の住民投票でのラホイ政権の強行姿勢を受け、1970年代まで続いたフランコ独裁政権下でのカタルーニャ弾圧の記憶と重ね合わせる論調も多い。

さらなる強行姿勢で独立封じ込めに動けば、カタルーニャ州民の独立気運に一段と火をつけ、大規模なデモや衝突に発展する恐れがあるほか、国内外から批判の声が高まりかねない。その一方で、早々に対話路線に転換したり、カタルーニャへの自治拡大を認めれば、他の自治州で燻る独立機運や自治拡大の動きを後押ししかねない。

カタルーニャ州側も引くに引けない理由がある。カタルーニャの州政府は穏健離脱派が結集した非多数派政権で、強硬離脱派が閣外協力する。投票率が伸び悩んだとは言え、圧倒的多数が独立に賛成した住民投票の結果を無視することは難しい。自治拡大など中央政府との対話路線に切り替えた場合、州政府はもたないだろう。

双方ともに振り上げた拳のやり場に困る状況にある。事態が早期に沈静化するよりも、いったんは両者の緊張が継続するか、激化するとみた方がよいだろう。ただ、カタルーニャ以外のスペイン国民や国際社会の世論が大きく変わらない限り、カタルーニャの独立が認められる可能性は低い。そのため、最終的にカタルーニャ州政府は自治拡大を目指したスペイン政府との対話路線に傾いていくとみられる。その場合、強硬離脱派が州政府への閣外協力を取り止め、州議会選挙に発展することが予想される。

時間をかけて自治拡大へ向けた対話への移行か

最近の世論調査では現在と同様に、穏健離脱派だけで州議会の過半数の議席を確保するのは困難な状況にある。穏健離脱派が手を組む可能性があるのは、現政権と同様に強硬離脱派か、カタルーニャの独立に反対の立場を採るが、住民投票の実施に理解を示すポデモス以外に見当たらない。強硬離脱派と再び手を組めば、独立に向けた中央政府との衝突は一段とエスカレートしていく恐れがある一方、ポデモスと組めばより穏健な形で自治拡大に向けた対話を模索する展開が予想される。

カタルーニャの独立騒動が沈静化に向かうまでには、しばらく時間が掛かりそうだ。