壇蜜&安達祐実が“愛人役” 妖艶な演技に注目

写真拡大

壇蜜と安達祐実が、テレビ東京系列にて10月7日よりスタートする新ドラマ『フリンジマン〜愛人の作り方教えます〜』(毎週土曜24:20〜)に、“愛人役”として出演することがわかった。

本作は、「ヤングマガジン」(講談社)にて連載されていた漫画『フリンジマン』(青木U平著)が原作。「愛人作り」がテーマとなっており、「とっ、とにかく、愛人が欲しい!!」という結婚生活に冷めきった男たちの無謀かつピュアな願望を叶えるために、板尾演じる愛人教授(ラマン・プロフェッサー)・井伏(板尾)の厳しい指導のもと、数々のミッションを必死に遂行していく男たちの物語が描かれる。井伏のミッションを受ける愛人同盟のメンバーには、田斉治役の大東駿介、満島由紀夫役の淵上泰史、坂田安吾役の森田甘路ら個性豊かな俳優陣が名を連ねている。

今回解禁となった壇蜜と安達が演じるのは、主人公・井伏の愛人役。壇蜜演じる宮部ゆきは、巨乳美女。安達演じる矢村美紗は、妖艶な美女という役どころだ。それぞれから寄せられたコメントは以下の通り。

<壇蜜>
このご時世だから、不倫を妄想する人が多い、それが俳優さんが演じて形になって見て楽しむっていうのは、自分はできないけど疑似体験しているつもりになるので、ありだと思うんですよ。今も昔もやっぱりこの国でそういうことをするのはダメですから、じゃあできる世界っていうのは確立されたこういうドラマの世界っていうのでいい気がしますね。愛人役ということで、妄想の中のお手伝いをする人っていうことだから、そういう雰囲気が自分にあるとしたら光栄ですし、そこは自分で重く考えすぎずにちゃんと向き合った方がいいなと思いました。良い子は真似しないでね❤

<安達祐実>
台本を読んで、すごい面白いな〜と思っていました。私はこういう役をやらせてもらう機会があまりないので撮影は楽しくやらせていただきました。やりすぎないようフラットな感じでと(監督に)言われていたので、それを意識しました。この役はナチュラルにやるのは無理な設定だと思うんですけど(笑) なるべくこういう人もいるのかなと見えるようにやろうと思いました。「セクシーな安達祐実で」って言われていたので、そのあたりはなんとなく頑張りました(笑)