ハカン・チャルハノール【写真:Getty Images】

写真拡大

 ミランは現地時間1日、セリエA第7節でローマと対戦し、0-2で敗れた。MFハカン・チャルハノールが、退場を謝罪している。『ミランTV』で語った。

 ホームにローマを迎えたミランは、ファンの前でなかなかのパフォーマンスを見せた。しかし、後半に2点を奪われると、80分にはチャルハノールが退場。DFアレッシオ・ロマニョーリとお見合いのような形になってボールを失ったあとのファウルで2枚目のイエローカードが出ている。

 退場についてチャルハノールは、「警告を受けていたことを忘れてしまっていた。みんなに謝罪したい」とコメントしている。

 代表ウィーク明けにミランはインテルと対戦する。出場停止となるトルコ代表MFは「インテルとのダービーに出ることができなくて残念だ」と、痛恨のうっかりを嘆いた。

text by 編集部