お菓子なのか総菜なのかと話題をよんでいる、UHA味覚糖から発売の『コロッケのまんま』。本物のコロッケを目指したサクサク食感のスナックということですが、実は「カップラーメンやうどんにいれると本物のコロッケになる」と公式自ら謳っており、「なんだそりゃ!」と好奇心が止まらなくなったので試してみました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

コンビニ2軒はしごしてようやくゲットした『コロッケのまんま』(138円税込)。材料をみてみると、たまねぎ、鶏肉、乾燥マッシュポテト、パン粉と確かにコロッケの材料がメインのようです。

まずはこのままの味を食べておかなければということで、一口ぱくり。外はしっかりとした衣、中はサクサク!一袋30グラムですが、ひとくちサイズのスナックが7〜8個入っているということで、ちょっと小腹がすいた時におすすめですね。サクサクでほんのり甘みのあるジャガイモ感があって、ただのジャガイモスナックとは違います。


さて、それでは公式推奨のラーメンにいれてみましょう。コロッケにあうラーメンはなんだろうということも考えて3種類用意しました。コロッケ感を味わうためにラーメンにのせるだけだったのでは?ということでしたが、美味しく食べたいんですもの。ラーメンは、しょうゆ、カレー、シーフードを用意しました。

ラーメンに『コロッケのまんま』を置いて、お湯をかけます。蓋をして待つこと3分……。
蓋を開けてみると、少しコロッケがふくよかになってるような気がします。ちゃんと蒸気で蒸されたみたいですね。そしてカップ麺に入れたときのビジュアルよ。違和感無し。まるでオリジナル具材のような存在感を醸しています。

早速実食!と思い少し齧ってみましたが、少し硬くてスナック感が強かったので、スープに押し込んで待つことにしました。麺を食べ終えてようやくコロッケをいただきます!まずは絶対美味しいと思っていたカレーから食べてみます。うん、美味しい!甘味の強いコロッケに変化したスナック菓子と、カレーの相性は最高です。しょうゆ味のラーメンとの相性も衣についている味がしょうゆだったこともあり、美味しくいただけました。シーフードとのコンビもお互い喧嘩することなく個人的に好き。


ラーメンで戻してみて感じたのは、スナックの時よりも甘みを強く感じて、ホクホクのコロッケを食べている感じがしちゃうことです。そのまま食べてももちろん美味しいので、小腹がすいた時、ちょっとがっつり食べたい時の気分にあわせて食べ方を変えられちゃいますね。

(天汐香弓 / 画像・編集部撮影)