『母ではなくて、親になる』山崎ナオコーラインタビュー「産後うつから逃れるための考え方&育児法」

写真拡大

出産すると、それまでどんな個性で生きてきたかも関係なく、自分の中の「いい母親」イメージに捕らわれて「私ってなんてダメな母親なんだ」と無駄に落ち込みすぎてしまうことってありませんか?

【赤ちゃん】思わず笑える“あるある”満載! 子育てコミックエッセイ『すくすくそらまめ』に見る「悩み解決のヒント」

「母親なんだから」という世間の無言の圧力も、人によっては感じる瞬間があるかもしれません。

作家・山崎ナオコーラさんが子どもを出産してからの1年間をつづった育児エッセイ『母ではなくて、親になる』はタイトルの通り、山崎さんが妊娠中に決めたという「母ではなくて、親になろう」という考えが表れている、まさに「理想の母親の呪縛」から逃れたい人にはぜひ読んでみてほしいオススメの一冊です。

今回は、著者の山崎さんに「母親だから、と気負わないで過ごせば、世間で言われている『母親のつらさ』というものを案外味わわずに済む」という本書の中の一文にあるような、子育ての中のさまざまなジレンマから解放される考え方などについて、お話を伺いました。

自分の考えや経験にも自信を持ってみる

――『母ではなくて、親になる。』というタイトルがとても印象的です。世の女性たちが「母親だから」と気負ってしまう心理ってありますよね。

山崎ナオコーラさん(以下、山崎)「『素敵な母親イメージ』に向かって努力することでキラキラできる人と、そのイメージを負担に感じてしまう人と、両方いると思うんです。

キラキラできる人は、母親イメージを大事にする方が絶対に良いと思うんですが、暗い気持ちになる人は、いったん『母親』という言葉を忘れて、『ただの親でいい。愛情と責任があれば十分』と考えてみるのもオススメです」

――同じように、『母乳神話』というのも『母親とはこうあるべき』の延長にある気がします。

山崎「精神論で母乳が出るわけがないのですが、部活のように『気合で出す』という考えが残っているのかなあ、と感じることがあります。

『努力の結果として母乳が出せた』という経験を持つ人の武勇伝は、『頑張りましたね』と褒めながら面白い話として聞いて、『でも、自分の場合は違うかもしれない。努力したって上手くいかない場合もある』と自分の考えや経験にも自信を持つことが大事かな、と思います」

――産後3ヶ月くらいまでは先が見えない育児の辛さにノイローゼになりがちですが、そういったことがなく「大変さを味わっていない」と書かれていますよね。わりと負のスパイラルに陥りがちなこの3ヶ月を、なぜ楽しく乗り切れたんだと思いますか?

山崎「私は運が良かっただけで、『こうすれば、誰でも産後を乗り切れる』という方法はないような気がします。赤ん坊の睡眠の癖や、他の家族のいそがしさ、自分の体調など、本当に様々なので。

ただ、夫が赤ん坊を見ている間に、ひとりで外を一時間でも散歩すると、かなり気分が変わったなあ、というのを覚えています。

もしも、産後うつになってしまった場合は、病気にかかってしまったということで、他の家族に頼ったり、休んだり、治療したりが必要で、気合や努力でどうこうできることではないと思います」

夫も同じ「親」として、育児に参加する

――旦那さんも同じ「親」として、育児に参加しているようすが伺えます。「助手や部下のように夫を扱ったら、夫は何事も私から教わろうとしたり指示を待とうとしてしまって、子育ての面白さがよくわからないままになるかもしれない」という一文にハッとしました。

山崎「派手なシーン、初めてのシーン、人前に出るシーンは、できるだけ夫に譲りました。

写真を撮ったり、初風呂を任せたり、友人夫婦の前で実際以上に良い親ぶるのを見逃したりしました。

私は、腹で育てたり、出産を経験したり、長く子どもと過ごしたり、夫にはできない良いことをたくさんできているので、『育児の良いこと』をできるだけ夫に譲る気持ちが大事かな、と考えています。

あとは、『離乳食を作るのを手伝って』と言うより、レシピ本をポンと渡して『任せた』と言う方が、喜んで作っていた気がします」

――夫婦それぞれ、役割分担ではないがお互い得意なことをやればいい、ということが書かれていましたが、理想的な形ですよね。

山崎「世間のイメージや理想像を大事にした方が上手くいくカップルもいると思うんです。『女性らしいファッションが好き』『理想のママ像に向かって頑張る!』ということで輝く人もいますよね。

そういう人は、その路線で行った方が楽しく過ごせるはずです。

でも、私と夫の場合は、女性らしさや男性らしさの美点をあまり持っておらず、だから、私たちは頑張らずに自然にしていても性別イメージにはまりません。私は美人ではなく、優しくない。夫は優柔不断で、頼りない。でも、私は決断力があるし、夫はコミュニケーション能力が高いです。

人それぞれなので、力を入れて『性別イメージに囚われないぞ!』なんて思う必要はなくて、楽な生き方をしたら良いと思います」

――しっくりこない言葉として「旦那に見てもらってる」「旦那さんが協力的でいいね」などがある、と書いておられます。他にも、山崎さん自身が、対外的に言わないように、しないように心がけていたようなことはありますか?

山崎「ママバッグ、ワーキングマザー、シングルマザー、など、母親だけのものではないのに母親の名が冠された言葉は、できるだけ他の言葉に言い換えて喋っています。

赤ちゃんバッグ、ワーキングペアレント、シングルペアレント、など、自分なりに適当に話しています」

親にできることはそう多くはない、というあきらめも必要

――まだあまりこちらのことがわかっていない「世界に不慣れな」赤ん坊に対して、「ここはいいところだよ」「きっと幸せになるよ」と話しかけてみる…という文面がありましたが、とても素敵な言葉がけだなと思いました。

山崎「『親が教えられるのは、生を無条件に肯定することだけだ』と聞いたことがあって、だから、難しいことは教えなくてもいいや、とにかく、『生きているのは楽しい』ということだけ伝えたい、と考えています。それで、『楽しいねえ』『わくわくするねえ』といったことをよく言っています。

あとは、まど・みちおさんの詩集をよく読んでいました。

――赤ん坊の目線を通して、「ここは美しい世界なのだなあ」と感じる、とありますが、他にも赤ん坊を育てることによって改めて気づいたことや感じたことはありますか?

山崎「今は一歳半になり、『ぞう』『うま』『ちょうちょう』など、街を歩いていると、動物のイラストを指差してカタコトで喋るので、私も影響を受け、ひとりで歩いているときでも、象や馬や蝶々のイラストが目につきます。世の中、随分と動物のイラストが多いなあ、と気がつきました。

――エッセイは赤ん坊が1歳になったところで終わっていますが、今後は2歳、3歳となって言葉を発したり、意思疎通がもっとできるようになってくると思います。「汚して、洗って」を繰り返していってもらいたい…という話も書かれていましたが、どんなふうに育てていきたいですか。

山崎「私は、性別イメージにとらわれない服を着たり、行動をしたりするのが好きなのですが、もしかしたら、子どもは、性別イメージに合った服が着たかったり、自分の性別らしい行動を好むかもしれません。

その場合、子どもにとっては、『性別イメージにこだわらない方がいい』という私の考えの方が汚れになると思いますから、私ではない周囲の人から影響を受けながら、その道を進んでいって欲しいです。

今後は、親にできることはそう多くはない、とあきらめて、とにかく、お腹いっぱいにさせてあげたいです。

受験勉強のときに夜食用のおにぎりを作りたい、などと夢想しています」

自分の中の「母親」イメージが負担に思えるママは、一旦それを置いておいて、「親」としてどう我が子と向き合おうか…と考えてみるのもいいかもしれません。

そんなふうに肩の力を抜いてフラットに考えることができたら、もっと育児を楽しむことができそうですよね。

『母ではなくて、親になる』には、山崎さんの子どもが1歳になるまでの月齢ごとの成長や、そのときどきに山崎さんが思ったことが丹念に描かれています。

自分が「理想の母親像」に縛られているかも…と感じたとき、育児に行き詰まったとき…ぜひ、本書を手にとってみてくださいね。