香川の美技を讃える海外メディア 「卓越したチップキック」で歴史に名を刻むと報道

写真拡大

アウクスブルク戦で芸術ループ弾、ブンデス日本人最多38ゴールに記録更新

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、30日に敵地で行われたブンデスリーガ第7節アウクスブルク戦(2-1)で、決勝点となる芸術的なループシュートを決めた。

 ブンデスリーガでの通算ゴール数を「38」に伸ばし、同リーグ日本人最多得点記録を更新した香川への賛辞は止まず、海外メディアは「卓越したチップキック」「歴史上での立場を確固たるものにした」など、改めて評価している。

 美しい孤を描いた香川のループ弾の衝撃は、海を越えて世界で報じられた。「シンジ・カガワが卓越したチップキックでブンデスリーガにおける日本人史上最多得点者となる」と特集したのは、アメリカで最も権威のあるスポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」電子版だった。

 レスターFW岡崎慎司の持つブンデスリーガ37得点の記録に並んでいた香川は、自らのマイルストーンをゴラッソで飾った。記事では次のように称賛し、ブンデス132試合目で38ゴールを決めた香川が、今季さらなる大きな栄光をつかむことを確信しているようだ。

「彼の新記録弾はまさにタイトルに相応しいものだ。ダイレクトで孤を描いた豪華なチップキックで、アウクスブルクのキーパー、マルビン・ヒッツを空中で恐れ慌てさせた。この調子ならば、今季さらに歴史上での彼の立場を確固たるものにするだろう」

アジア地域でも活躍が報じられる

 一方、シンガポール最大紙「ストレート・タイムズ」電子版も、「フットボール、シンジ・カガワが歴史を作る。ブンデスリーガでの日本人史上最多得点者に」と特集。インド紙「インディアン・エクスプレス」も、「シンジ・カガワがブンデスリーガにおける日本人最多得点者になる」と報じている。

 華麗なゴールで歴史に名を刻んだ香川。6月のシリア戦で左肩を脱臼し、開幕から出遅れていたが、アウクスブルク戦の一撃で世界中に完全復活を印象づけた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images