今季初先発で結果を出したヘルタFW原口元気

写真拡大

 ブンデスリーガ第7節のバイエルン戦で、3人抜きドリブルからのアシストを記録したヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気に対し、クラブの公式ツイッター(@HerthaBSC)が“世界最高のドリブラー”になぞらえて称賛を送っている。

 原口は1日に行われたバイエルン戦で今季初先発を果たすと、0-2で迎えた後半6分に得意のドリブルで魅せた。PA左手前でパスを受け、ドリブルで斜めに猛突進を始めると、キミッヒ、ボアテングを一気にかわしてPA内右に切れ込む。さらに、ゴール前ではフンメルスのスライディングタックルもかわし、深い位置からのグラウンダーの折り返しをMFオンドレイ・ドゥダが押し込んだ。

 原口にとっては、昨年9月10日のインゴルシュタット戦(○2-0)以来、約1年ぶりのアシスト。さらに1点を追加したヘルタは昨季王者のバイエルンに引き分け、結果的に、原口のプレーが反撃の起爆剤となっていた。

 試合後、クラブの公式ツイッターが投稿した画像では、バルセロナの"10番"ユニフォームに原口の顔を合成。「×Lionel Messi(FWリオネル・メッシ)」と記し、チェックマークをそえて「Genki(元気)」と書かれてある。

 さらに公式サイトによると、バイエルンとのホームゲームで原口を抜擢したパル・ダルダイ監督も「元気はフレッシュで、ダイナミックで、情熱的だった。1点目につながったプレーはワールドクラスだったよ」と手放しで称賛。10月シリーズの日本代表にも招集された26歳は、ようやくつかんだスタメン出場の機会で、大きな信頼を勝ち得たようだ。


●ブンデスリーガ2017-18特集

●海外組ガイド