パティシエのマギー・オースティンさんは、元はクラシックバレエのバレリーナとして活躍していた女性です。そんなオースティンさんが作る花のケーキが、まるで生の花にしか見えないと評判になっています。

ピンクのバラの花にしか見えませんが、オースティンさんが砂糖で作った“食べられるお花”なのです。

バレエからケーキづくりへ

オースティンさんはケガをきっかけにバレリーナからパティシエールに転身することを決心し、フランスのペストリースクール(製菓専門学校)に入学しました。卒業して2010年に「マギー・オースティン・ケーキ」を立ち上げます。

Matt McClain/maggieaustincake.com

その後、ホワイトハウスのクリスマスパーティー用のケーキや王室の結婚式でのウエディングケーキ、ハリウッドでのパーティーケーキも依頼されるようになり、有名パティシエールとなりました。

著名人から注文がやってくるオースティンさんのケーキの特徴は、砂糖で作られたという花のリアルさ、美しさにあります。





オースティンさんは2日間から3日間のワークショップを開催しており、花のケーキやクッキーの作り方を指導しています。牡丹や紫陽花を作るレッスンを予定しているそうです。

ぜひ一度日本でも、本物みたいな花のケーキを拝見したいですね。