ジュワ〜と味がしみて、おいしさも大満足!/調理=市瀬悦子 撮影=澤木央子

写真拡大

ほかにも「とりのから揚げ・竜田揚げ」レシピをチェック!

レタスクラブ最新号で話題を集めている「かさ増しレシピ」。夫や子どもがよく食べるからおかずが足りなくなって…という、食欲倍増の秋だからこその“困った”を解決します。そこでおすすめレシピからちょこっとだけご紹介。

料理研究家の市瀬悦子さんが教えてくれた「高野豆腐inとりのから揚げ」は、とり肉に高野豆腐をプラスして、ボリュームもおいしさも2倍にしてしまううれしさ! 肉はいつもの量なのに、断然大きくてたっぷりに!

 

■ 【高野豆腐inとりのから揚げ】

<材料・2人分>

とりもも肉大1枚(約300g)、高野豆腐2枚(約30g)、漬けだれ(しょうゆ・酒各大さじ2、しょうが汁大さじ1、塩・こしょう各少々)、ころも(溶き卵1個分、小麦粉1/2カップ)、揚げ油

<作り方>

1.とり肉は余分な脂を除き、16等分に切る。高野豆腐は水でもどし、水けをかたく絞って1枚を8等分にちぎる。

2.ボウルに漬けだれの材料を入れ、とり肉を加えてもみ込み、約15分おく。とり肉をボウルの端に寄せ、残っているたれに水大さじ2を足し、高野豆腐をひたして汁けをすべて吸わせる。

3.2のボウルにころもの材料を加え、全体にからむように混ぜる。

4.フライパンに揚げ油を2cm深さに入れて中温(約170℃)に熱し、とり肉と高野豆腐各1切れを1つにまとめながら入れる。時々上下を返して約4分揚げ、強火にしてさらに1〜2分、カラリと揚げる。

5.油をきって器に盛り、好みでレモンを添える。

(1人分727kcal、塩分3.4g)