薬局の領収書をじっくり見たことありますか? 知らないとソンする医療費の仕組み

写真拡大 (全2枚)

 薬局で受け取る領収書、じっくり見たことがありますか? 実は、「どの薬局」で「いつ」買うのかで点数=料金に大きな差が生まれているんです! さらに入院した「日にち」が違うだけで、負担額が倍増してしまうことも。今日からトクする医療費の知恵、大公開です。

【セルフメディケーション税制の図表】

医療費のムダ払いをなくす

 あまり節約を意識しない医療費。でも少しの心がけで支払い額をグンと抑えられる。

 そもそも病院などで受け取る領収書をちゃんと見ていない人が多いのでは?

「領収書には初診料、検査などの各項目に点数が記載されています。1点は10円で換算。例えば総点数が270点なら2700円。一般的には医療費は3割負担なので、これに0.3掛けて810円。これが支払う金額になります」

 と話すのは、テレビでおなじみのファイナンシャルプランナー・風呂内亜矢さん。

「まず意外に多いのが、診療時間外や休日に受診して加算されるケース。初診の場合、平日の時間外に診察を受けたら850円、日曜・祝日なら2500円が初診料に加算されます。一般的にはこの3割を自己負担することに。早朝や夜間診療を行う診療所でも、8時前や18時以降は加算されます。急病やその時間帯でなければ病院に行けないという場合以外は、平日18時以降や日曜の受診を避けることで節約できます」(風呂内さん、以下同)

 また、気軽に通えて相談できる身近な“かかりつけ医”をもつことが、医療費の大きな節約につながるとか。

「例えば腹痛があるからと、いきなり大病院(ベッド数200床以上)を受診した場合、初診料に“選定医療費”という特別料金が上乗せされます。この金額は病院側が自由に設定でき、200床の病院なら2000円ほど、500床以上だと5000円以上のところが一般的。しかも保険適用外なので実費に。

 急を要さないならば、まずは近所のかかりつけ医を受診し、必要なら大病院への紹介状を書いてもらう、というルートがおすすめ。紹介状にも費用はかかりますが、1通750円(3割負担の場合)と、選定医療費よりずっと安い。小さな病院のほうが待ち時間が少なく、時間のムダも防げます」

どの薬局でいつ薬を買えばトクなのか?

 そして病院で処方箋をもらったら、どこの調剤薬局で薬を買うか? 実はこれが重要!

「調剤明細書にある『調剤基本料』は薬局によって異なるのでチェックしましょう」

 一般的な薬局は基本料が41点、処方箋の数が月4000回以上などの要件を満たす門前薬局では25点、チェーン薬局は20点といちばん安い。

「ただし1200品目以上の医薬品を備蓄しているなどの条件を満たす薬局では、基準調剤加算31点がプラスされます。さらにジェネリック医薬品を規定の数量以上そろえていると後発医薬品調剤体制加算というものが。これは患者がジェネリックを選択しなくても加算されてしまいます」

 そのため、多品目の薬を扱う大きな薬局は調剤基本料が高くなりがち。仮に点数が50点違うと、毎回150円(3割負担の場合、以下同)多く支払うことになる。

「調剤基本料が80点以上なら、他の薬局に変えて比較してみましょう。薬の品ぞろえが少なくても取り寄せを依頼し入手する方法もあります」

 前述した診療費と同じく、注意したいのが土日や夜間の割増料金。

「平日の19時以降、土曜の13時以降、日曜日に薬を購入すると加算や割増しされます。また半年以内に同じ薬局を再訪した場合、『薬剤管理料』がお薬手帳を見せると約36円安くなります」

 薬自体の料金は、どこの薬局でも同じだが、ジェネリック医薬品を選ぶと割安に。

「ただし、ジェネリックを多数取りそろえる薬局は調剤基本料が高くなる傾向があるので、支払い総額や利便性なども考えて検討しましょう」

高額療養費を利用する際は、入院を月内でおさめる!

 69歳以下で保険適用内であれば、数百万円の手術を受けても、1か月入院しても、日本には『高額療養費制度』があるので、かかる費用をそれほどおそれることはない。

 なぜなら、ひと月の医療費が高額になった場合、一定の金額を超えた分が、あとで払い戻されるから。

「2015年に改正され、限度額は所得によって5つに分かれています。例えば、年収500万円の人の医療費がひと月100万円かかったとしても、実際に支払うのは8万7430円(下の計算式参照)です」

【高額療養費制度の上限額(69歳以下)】
▼年収約1160万円
25万2600円+(医療費-84万2000円)×1%
▼年収約770万〜約1160万円
16万7400円+(医療費-55万8000円)×1%
▼年収約370万〜約770万円
8万100円+(医療費-26万7000円)×1%
▼年収約370万円以下
5万7600円
▼住民税非課税者
3万5400円
※所得によってひと月の上限額(世帯ごと)が5段階に分かれている。基本は医療が高額になった本人の年収(額面)で分類される。あくまで目安なので、まずは役所に相談を。

 ただし、高額療養費制度を利用するには申請が必要。ひと月の医療費が100万円かかったら、3割負担で30万円をいったん窓口で払う必要がある。申請すると約3か月後に差額の21万2570円が返金される。

「戻ってくるとはいえ、最初に30万円を用意するのが負担だという場合は、事前に『限度額適用認定書』を窓口に提出しましょう。そうすれば、高額療養費適用後の金額しか請求されません。認定書は、会社員は勤め先の健康保険組合で、国民健康保険加入者はお近くの役所で入手できます」

 高額療養費制度で気をつけたいのが、月またぎ。

「ひと月の計算は1日から月末までにかかる医療費。そのため、9月下旬から10月上旬まで入院した場合、それぞれの月で負担する必要があります。

 仮に年収500万円の人が9月も10月も上限まで支払ったとしたら合計16万円超などに。入院を10月頭にずらし10月中に退院すれば8万100円+αでおさまります(医療費により上乗せ)。緊急性がなく、入院日を選べる状況なら、月の初めから入院すると自己負担額を減らせます」

 なお、医療費は同じ健康保険に所属している家族の分も合算できる。ただし、69歳以下の場合、ひとつの医療機関で自己負担額2万1000円以上のものに限られる。

 また、高額療養費は2年前までのものなら、さかのぼって申請することができる。

「公的な高額療養費制度とは別に会社独自で、例えば“2万5000円まで”などもっと低い上限額を設定している会社も。それを利用すればさらにひと月の医療費を抑えられます。会社の総務部などに確認しておきましょう」

税金控除はセルフメディケーション税制か医療費控除の2択

【セルフメディケーション税制】

 医療費が年間10万円を超えると控除が受けられることは、ご存じの人も多いだろう。しかし、10万円の壁はけっこう高い。“うちには関係ないわ”と興味を示さないあなたも、今年から始まった新制度『セルフメディケーション税制』によって控除が受けられるかもしれない!

「特定成分を含むOTC医薬品が市販化されたスイッチOTCと呼ばれる市販薬を年間1万2000円以上購入すると、超えた部分の金額(上限8万8000円)について所得の控除が受けられます」

 控除の対象となる市販薬は実に1500品目以上。風邪薬パブロン、抗アレルギー剤アレグラ、解熱鎮痛剤ロキソニン、筋肉痛を抑えるサロメチール。家族がお世話になるおなじみの薬がずらり。

「商品パッケージについている『セルフメディケーション税控除対象』のマークが目印。ただ、マークがついていない対象商品もあります。厚生労働省のホームページに対象品目の一覧が掲載されているので確認できます」

 家族の分も含めて今年1年間に購入した対象薬の合計が1万2000円を超えるようなら来年の確定申告(受け付けは2〜3月)で申請しよう。

「そのためにもレシートや領収書の保管はマスト。対象となる医薬品はレシートの横に★や●印がついています」

 いくら対象薬をたくさん購入しても確定申告をしなければ控除は受けられない。

 その手間をかけると、いったいどのくらいトクするのか? 下の図は年間5万円購入した場合の控除額を示した例。所得税と住民税を合わせて、なんと1万円以上の減税効果が。これは申告しなきゃソンするだけ!

「ただし、ちゃんと普段から自分で健康管理をしている人のみが対象となります。具体的には、会社や自治体での健康診断、人間ドック、がん検診、予防接種など、いずれかを受けていることが条件。そのため、診断したことを証明するもの(領収書か診断結果のコピー)を提出する必要があります」

 なお、医療費控除とセルフメディケーション控除、両方を受けることはできない。

「医療費が控除額10万円に達しない場合は、セルフメディケーション控除の申請をしましょう。1年間の医療費が高額で、通常の医療費控除をしたほうがトクな場合は、セルフメディケーションの対象となるOTC薬の分も医療費に加算して申請しましょう」

【医療費控除】

 医療費控除というと、“出産や大きな病気をして治療代がかさんだときに申請するもの”というイメージが強い。でも実は、病院に支払う医療費だけでなく、いろんな費用が控除の対象になる。

「例えば、病院までの交通費。電車やバス代など。さらにお医者さんの送迎費。病気療養のために看護師さんや保健師さん、家政婦さんを依頼した場合は、その費用も対象になります。また、寝たきりになった場合のおむつ代も医師の証明書があれば認められます」

 一方、手術や治療でも美容のための費用は対象外。

「“もっときれいな歯並びにしたい”という大人の歯列矯正は認められません。ですが、子どもの矯正は、歯やあごの健康的な成長を促す医療行為として控除の対象になります」

 義歯、差し歯は保険適用外の金やセラミック素材のものも控除の対象になる。同様にインプラントもOK。

「基本的に治療に対する費用はOKで、予防のためのものはダメ。なので、治療のためのあんま、整体、指圧、鍼灸の施術費も対象になります。でも健康増進のための栄養ドリンク、ビタミン剤はダメ」

 市販の薬も、風邪など病気を治すためなら、OTC薬に限らず控除できる。ほかにも、こんな治療が対象に。

「近視や乱視を治療して視力を回復させるレーザー手術の費用は控除の対象になります。でも、メガネやコンタクトレンズは治療ではないので対象外。治療の一環として医師の指示で装着するメガネに関しては控除の対象となります。

 また、花粉症などアレルギーの治療で行われる舌下免疫療法も現在は保険がきき、医療控除もできます」

 このように控除の対象となるものは、時代とともに拡大する傾向にある。“これは対象に?”と思うものがあったら、国税庁のホームページで確認するか、所轄の税務署に問い合わせを。なお、高額療養費制度を利用した場合、戻ってきた金額を差し引いた分が医療費控除の対象に。

 家族の医療費や薬代、通院などいろいろかき集めれば10万円以上になるかも。

「10万円以下でも申請できることも。年間所得200万円未満の場合は所得の5%で計算。所得100万円なら医療費が5万円を超えた分の所得が減額され減税に。過去の医療費も、5年前のものまでなら申告することができます」

<教えてくれた人>
ファイナンシャルプランナー風呂内亜矢さん
SE、不動産会社の営業を経て2013年にFPとして独立。テレビ、新聞連載などでお金に関する情報を発信。著書に『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版刊)など多数