マリリン・マンソン、舞台装置の下敷きとなり負傷。9公演が延期に

写真拡大

マリリン・マンソンが、土曜日(9月30日)NYで開いた公演でパフォーマンス中、倒れてきたセットの下敷きとなり、病院へ搬送された。これにより、この夜の公演が直ちに中止されたほか、10月2日から14日に予定していた9公演が延期されることとなった。

◆マリリン・マンソン画像

ショウ半ば、マンソンが、ステージ中央に設置された巨大な2つの銃を模ったセットによじ登ろうとした際、それが前に倒れ込み、彼はその下敷きとなってしまった。

怪我の具合は明かされていないが、マンソンの代理人は「彼は地元の病院で治療を受け、この先LAの自宅で静養する」「10月2日のボストン公演から14日のヒューストン公演を延期する」との声明を発表した。マンソンはできるだけ早くステージに戻りたいと願っており、その先の公演については今後告知していくという。

マンソンは今週金曜日(10月6日)リリースするニュー・アルバム『Heaven Upside Down』をプロモートし北米ツアー中だった。現時点で、次回の公演は10月15日を予定している。

Ako Suzuki