渋いジェントルマンが飲んでいるイメージの強いウイスキー。でも近頃ではハイボールの登場などで若い人からも多く飲まれるようになりました。ところで世界5大ウイスキーってご存知ですか?ウイスキー好きの人もそうでない人も知っておくと得する、世界5大ウイスキーとは何なのかについて紹介しましょう。

世界5大ウイスキーとは

世界5大ウイスキーと聞くと、ウイスキーの世界人気製品トップ5のことかなと想像してしまいますがそうではありません。世界5大ウイスキーとは、5つの世界的なウイスキー生産地によってつくられる5種のウイスキーのことを指します。具体的にはアイルランドによってつくられる「アイリッシュウイスキー」、スコットランドによってつくられる「スコッチウイスキー」、アメリカによってつくられる「アメリカンウイスキー」、カナダによってつくられる「カナディアンウイスキー」、日本によってつくられる「ジャパニーズウイスキー」、の5つがそれに当たるようです。なお、スコッチウイスキーであれば「スコッチ」というように省略して呼ばれることもあります。まとめると以下のようになりますね。

【世界5大ウイスキー】
アイリッシュウイスキー(アイルランド)
スコッチウイスキー(スコットランド)
アメリカンウイスキー(アメリカ)
カナディアンウイスキー(カナダ)
ジャパニーズウイスキー(日本)

世界5大ウイスキーの各特色

世界5大ウイスキーはそれぞれ独自の風土に合わせた製法を採用しているので、生産国によってその特色は大きく異なってきます。例えばアイルランド発のアイリッシュウイスキーは、熟成期間が短く、軽やかな味わいが特徴となっています。スコットランド発のスコッチウイスキーはスモーキーなフレーバーが特徴で、世界で最も生産量の多いことでも有名です。アメリカンウイスキーは独特の甘いテイストが特徴で、アメリカンのひとつ、バーボンウイスキーが有名です。カナディアンは最もライトな飲み口が特徴です。そしてジャパニーズは繊細で穏やかな香りが特徴です。

日本のウイスキーは世界的にもかなりすごい?!

まず世界5大ウイスキーの中に日本のウイスキーが含まれているのが驚きという方もいるかもしれませんが、実は日本のウイスキーは世界的にも非常に評価が高いのです。ちなみに毎年イギリスでウイスキーの国際大会、ワールド・ウイスキー・アワードというものが開催されているのですが、この国際大会にて、日本のウイスキーがいくつかの部門で何度も世界一の称号を獲得しているのです。日本のウイスキーのすごさを知らなかったというあなた、そして世界5大ウイスキーなんて知らなかったというあなたは、今一度各国のウイスキーの魅力に触れてみてはいかがでしょか。もちろん飲みすぎないよう注意はしてくださいね。(飲酒による体のSOSサインを見逃さないで!)


writer:サプリ編集部