コロっとサクサクおいしい!麩菓子(ふがし)と老舗のほうじ茶が香ばしいチョコになった「ふちょこ」

写真拡大 (全3枚)

京都伝統の宇治茶の老舗とのコラボによる「ふちょこ」

以前からJapaaanでは「抹茶味のスイーツ」をいくつかご紹介してきました。甘いだけでなくほろ苦さも感じられて、なおかつ健康にも良いイメージがあるということで、抹茶味は日本だけでなく、海外でも人気の味の1つとなっています。

しかし、抹茶以外にも「お茶風味」のお菓子が登場しているのをご存知でしょうか?お菓子メーカーの株式会社モントワールと、お茶を作って150年以上という京都の宇治茶の老舗・北川半兵衛商店のコラボレーションによる「ふちょこ」には、抹茶味の他に「ほうじ茶味」もあるのです!

チョコレート菓子には、アーモンド、ピーナッツ、ドライフルーツ、ヌガーなどをチョコでコーティングしているものがありますが、この「ふちょこ」はその名の通り、チョコの真ん中に「麩菓子(ふがし)」が入っています。麩菓子と言えば、子供の頃に駄菓子屋さんで買って食べた思い出のある方も多いのではないでしょうか?

「ふちょこ・ほうじ茶味」早速食べてみた!

「ふちょこ」は、スーパーやコンビニで気軽に購入することができます。筆者も早速買って食べてみました。

パッケージを開けると、中身はシンプルな、丸くてころころした形のチョコレートです。
おやつやお茶受けなど、ちょっとつまんで食べるのにピッタリな大きさと形状ですね。

一口かじると、まずほうじ茶の香ばしさが、チョコの甘さとともに広がります。
そして中の麩菓子はふわふわしつつもあまり柔らかすぎず、サクサク・カリカリした歯ごたえもある軽い食感で、後を引くおいしさです。

麩菓子や和菓子が好きな方や、少し大人目の味のチョコレートが食べたい方には、ぜひおススメの一品です。

北川半兵衛商店って?

ところで、この商品の販売元の株式会社モントワールがコラボレーションした北川半兵衛商店とは、どのようなお茶屋さんなのでしょうか?

北川半兵衛商店は、文久元(1861)年に創業した、京都の老舗のお茶屋さん。150年以上という歴史と伝統のある宇治茶を守り、現在も「本来の味」にこだわったお茶作り一筋の、まさに「お茶の老舗」です。そのことは、北川半兵衛商店公式HPトップの「ごあいさつ」の文章からもはっきりと伝わってきます。

これまでに農林水産大臣賞を何度も受賞している北川半兵衛商店の「本物の宇治茶」を、京都へ行く機会があればぜひ堪能してみたいものですね。

ふちょこ

モントワール