車屋紳太郎【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 日本代表は1日、キリンチャレンジカップのニュージーランド戦(6日)、ハイチ戦(10日)に向けた国内合宿を開始した。川崎フロンターレに所属するDF車屋紳太郎は、初めての挑戦に興奮しながらも、アピールを誓っている。

 車屋は過去に代表候補合宿に呼ばれた経験はあるが、正式なメンバーに選ばれたのは今回が初めて。「やっと代表の中でボールを蹴れるっていうのはすごくうれしいことだし、周りに自分のプレーを見せなくちゃいけないと思ってます」と語った。

 代表定着のためには、周囲の信頼を勝ち取らなければいけない。車屋は「そうですね、ホントに練習に限らず、毎日の練習からすごい戦いだと思っているので、気を抜くことなくアピールできたらと思います」と話している。

 目標は来年のロシア・ワールドカップ(W杯)だ。「今まではテレビで見るような、見るしかない環境でしたけど、目の前にそういうチャンスをいただけているので、モノにしたいなって気持ちはあります」と車屋。代表招集で立ち止まるつもりはない。

 そのためには、不得意な部分にも取り組む必要がありそうだ。チームメートとのコミュニケーションについて車屋は、「僕、苦手なんで、結構努力しながら」頑張っているという。「そういうところもすごく大事なことだと思うんで、サッカーに限らず、サッカー以外のところでも話をできたらいいかなと思います」と、積極的にいくことを誓った。

 いずれにしても、今回の2試合は大きなチャンスだ。車屋は「ホントに試合に出るチャンスをいただけたら、自分のプレーを出さないといけないと思うし、そのチャンスをモノにして、これからも代表に入れるように頑張りたいなと思います」とコメント。この好機を簡単に逃すつもりはない。

text by 編集部