昨季J2で15位に終わったV・ファーレン長崎が、今季大躍進を遂げている。

 開幕当初は第7節から3連敗を喫するなど、決して好スタートを切れたわけではなかったが、その後は徐々に白星が先行。第16節で5位に浮上して以降は、順位を大きく落とすことなく、ほぼプレーオフ進出圏内となる6位以上をキープしてきた。そして第33節には、ついにJ1自動昇格となる2位まで順位を上げた。

 長崎は現在、プレーオフ進出はすでに当確と言ってよく、自動昇格すらも手の届く位置につけている。

 長崎の強さの理由をひと言で表せば、「ハードワーク」ということになるだろう。第30節から続く今季最長の5連勝で敵地に乗り込んだ、9月30日の第35節モンテディオ山形戦でも、長崎はよく走り、よく戦い、相手を圧倒した。MF幸野志有人(こうの・しゅうと)が語る。

「そこ(ハードワーク)はベースのところ。調子の良し悪しは関係なく、絶対にできることなので、ハードワークができていないとしたら、それは気持ちの部分が原因というだけだから。アベレージ高くやらなければいけないし、そこは毎試合しっかりやっている」

 長崎はこの試合、結果的に何度かあった決定機を生かせず、13位の山形とスコアレスドローに終わった。

 だが、内容的に言えば、パスをつないで攻撃を組み立てたい山形に対し、長崎は高い位置からプレスを仕掛け、中盤でボールを奪うと、速いテンポで縦にボールを入れ、山形ゴールに迫った。攻守において運動量豊富なサッカーは、なぜ長崎が強いのか、の理由を示すに十分な内容だったと言っていい。

 優勢に進めながらも、勝ち切れなかった試合を振り返り、長崎の高木琢也監督は開口一番、「今日の印象をひと言で言えば、ツキがなかったゲーム」としつつも、納得の表情でこう続ける。

「山形のウイークポイントを突き、我々のストロングポイントを出したり、個人の特徴を出したりすることを、選手はいろんな局面で見せてくれた。(引き分けで)勝ち点1だったが、内容に関しては満足している」

 幸野もまた、悔しそうに「(チームとして)かなりチャンスがあったし、自分自身2回くらいチャンスがあった。前の選手として責任を感じている」と、反省の弁を口にしながらも、「相手にほぼチャンスを作らせていなかったし、内容は悪くなかった。手ごたえはかなりあった」と語っている。


長崎の最前線でチャンスを作るFWファンマ

 攻守の切り替えの速さに合わせ、選手の集散が速い長崎のサッカーは、非常にダイナミックである反面、最前線に立つFWファンマをターゲットに躊躇(ちゅうちょ)なくロングボールを入れていくことが多く、見方によっては大味だとも言える。

 個人能力の高いファンマが、ロングボールにヘディングで競り勝てる、あるいは縦パスを収めて時間を作れることが、長崎の攻撃において大きなウェイトを占めていることは間違いない。山形のキャプテン、MF本田拓也が「相手(長崎)のほうが高い位置までシンプルにボールを持っていっていた。中盤でつながれた印象はない」と話していたとおりだ。

 だが、まずはチーム全体で連動したプレスを仕掛け、ボールを奪うことができなければファンマにロングボールを入れることもできないし、ファンマが前線で競り勝ったとしても、それをサポートする味方選手がいなければ、攻撃はつながらない。攻守両面においてのハードワークがあるからこそ、長崎は相手を凌駕することができる。

 やはりベースとなるのは、ハードワークによる全員攻撃、全員守備。それが長崎の強さを支えていることは確かだ。

 実際、J2の得点ランキング(第35節終了時)を見ても、長崎のチーム得点王であるファンマは10ゴールで、リーグ17位タイにすぎない。長崎が特定の個人に頼っていないことの、ひとつの証明だろう。

 J2で5シーズン目を迎えた長崎がJ1に近づくのは、これが3度目のこと。過去に2度、2013年、2015年に6位となり、プレーオフに進出した。結果はいずれも準決勝敗退と願いは成就しなかったが、2年ぶりに巡ってきたチャンスには、自動昇格の可能性を含め、過去2回以上の期待が膨らむ。

 最初のプレーオフ進出時を知る幸野は、「4年前と比べるのはちょっと難しいが」と前置きして、こう語る。

「今日の試合でも、決めなきゃ意味がないとはいえ、チャンスまで持っていく回数は多かったし、球際や切り替えの部分でも相手を上回れた。そこがこのチームの一番のよさ。もし試合に勝っても、なぜ勝てたのかがわからないと、うまくいかなくなったときに立ち返る場所がないけど、このチームにはハードワークがある。残り試合は今まで以上にプレッシャーやストレスがかかると思うが、そこ(ハードワークというベースがあること)は今のチームのいいところかなと思う」

 引き分けでも、その強さを印象づけた長崎。とはいえ、わずかな勝ち点差が明暗を分けるのがシーズン終盤戦である。内容的には満足できる試合だったと納得する一方で、せっかくこれだけの内容の試合ができたからこそ勝ち点3が欲しかったという気持ちが、長崎に強く湧き上がっていたとしても不思議はない。

 完全な勝ちゲームだったのだから、あそこで勝ち点3を取っていれば……。そんな後悔が最終的に生まれないとも限らない。

 しかし、高木監督は顔にうっすらと笑みを浮かべ、そんなネガティブな見方を一蹴する。

「僕の顔を見てもらえばわかるが、ネガティブな顔をしているとは思われないと思う。いいチャンスを作っているのに点が取れないのは、技術も関係しているのはわかっている。でも、山形というなかなか崩されない、点を取られないチームを相手に、最後まで押し込んでいきながら決定機を作れたことは自信を持っていい。それもできていないのに、いい攻撃ができたとは言えないし、それができたから、次は決めなきゃいけないという課題も見える」

 長崎は山形と引き分けたことで、第30節から約1カ月続いた連勝が5でストップ。しかも同じ日、3位のアビスパ福岡がレノファ山口に勝利したため、順位は再び入れ替わり、長崎は3位に転落した。

 だが、そんなことでは長崎の勢いは止まらない。90分間足を止めない戦いぶりには、そう思わせるだけの説得力があった。

■Jリーグ 記事一覧>>