連続テレビ小説「わろてんか」が放送開始!/(C)NHK

写真拡大

10月2日(月)より、連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の放送が始まる。

【写真を見る】青年実業家・伊能を演じる高橋一生。注目はやっぱりこの人…!?/(C)NHK

ザテレビジョンでは26週にわたって、本作の見どころや裏ネタを解説する連載をスタート。今回はその1回目、第1週「わろたらアカン」を紹介する。

「わろてんか」でヒロイン・てんを演じるのは、葵わかな。候補者2378人の中から、オーディションで選ばれている。実は、葵がヒロインのオーディションを受けたのはこれが3回目。まさに「3度目の正直」でかなえた夢というわけだ。

そんな葵が演じる藤岡てんは、京都の老舗薬種問屋に生まれた「ゲラ(=笑い上戸)」の女の子。本作では、てんが日本で初めて「笑い」をビジネスにしようと、奮闘する姿を描く。

そもそも「わろてんか」とは、「笑ってください。笑ってほしい」という意味。ところが、第1週のサブタイトルはいきなり「わろたらアカン」。

どっちなのよ!? ──ということで、第1週のあらすじをご紹介。

■ 第1週「わろたらアカン」(10月2日[月]〜7日[土]放送)

明治後期。京都の老舗薬種問屋の娘・藤岡てん(新井美羽)は笑い上戸な女の子だが、その“笑い”が過ぎて大切な商談を台無しにしてしまい、父・儀兵衛(遠藤憲一)から“笑い禁止”を言い渡される。

だが、年に一度の祭りの日、てんは丁稚の風太(鈴木福)と一緒に寄席に行き、生まれて初めて落語や芸を見る。そこで楽しそうに大笑いする人々の姿を目の当たりにしたてんは、すっかり心を奪われてしまう。

そして、その帰り道、男たちに追われる青年・藤吉(松坂桃李)と出会い、てんの人生は大きく動き始めるのだった。

■ “おとわ”再び!?

ヒロイン・てんを演じるのは葵わかなだが、物語が始まるのは、てんが9歳の時から。てんの幼少期は、新井美羽が演じる。

新井といえば、放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)で、直虎(柴咲コウ)の子供時代・おとわを好演していたことが印象的。

着物に身を包み、笑顔全開で駆け回る“子てん”に、懐かしいおとわの姿を思い出す人も多いのでは?

そんな新井は「わろてんか」の完成披露試写会に登場した際、自身が出演する第1週の映像を見て、「優しくて、すごく心がほっこり、“ほわ〜”って感じになったので、皆さんもいっぱい元気になってほしいです!」と笑顔全開で話していた。

■ “キュンキュン”朝ドラから目が離せない!

本作は「笑い」がテーマになっているが、と同時に、多くの「恋」がちりばめられている。

ここで解説してしまうなんてそんな野暮なことは避けたいが、てんの夫になる藤吉役の松坂桃李に、青年実業家・伊能役の高橋一生、てんの幼なじみで藤岡屋の手代になる風太役の濱田岳。そして、てんの兄・新一役の千葉雄大も、大事な“キュン”要員。

てんの周りを固めるこの配役は、朝からお茶の間を、そして「朝ドラ受け」をする「あさイチ」(毎週月〜金曜朝8:15-9:54)の有働由美子アナを、“キュンキュン”させようという魂胆が丸見えの布陣になっている。

11歳になったばかりの新井と、まもなく29歳を迎える松坂桃李という、実年齢の差18歳の2人がどう“出会い”をどう演じるのかも、注目の的となりそうだ。