iPhone8を透明モデル化する過程を撮影した動画が公開されました。背面のガラスパネルの内側にある塗装を削り取り、ワイヤレス充電用の部品を取り除いています。

iPhone8の背面パネルを透明化

iPhone8のガラス製背面パネルを透明化する動画を公開したのは、最近も「iPhone8 Plusの落下テスト」「iPhone8の折り曲げテスト」「iPhone8の耐水性能テスト」など、iPhoneに関するさまざまな実験動画で知られるYouTubeチャンネルのEverythingAppleProです。
 
動画には、液体窒素を使った他の実験で背面パネルが外れたiPhone8が使われます。
 
内側の塗装を、カッターナイフや金属製のヘラのようなものを使ってガリガリと削り取っていきます。
 

 
塗装を完全に剥がした、透明な背面パネルの出来上がりです。
 

 
Appleのロゴと、iPhoneという文字は、塗装とは別の素材で描かれていてため、多少傷がついたものの、残すことができたそうです。

ワイヤレス充電用の部品も撤去

背面パネルを外すと、iPhone8の内部はワイヤレス充電用の金属プレートで覆われています。
 
iPhone8の内部がよりよく見えるように、このプレートも強引に外してしまいます。
 

 
背面が透明のiPhone8が完成しました。ただし、Appleによる保証、ワイヤレス充電機能、それから防塵耐水性能も失われています。
 

 
EverythingAppleProは、次はiPhone7のジェットブラックの時のように、光るAppleロゴを埋め込みたいそうです。

電源部分の分解は非常に危険!

動画の中で、ワイヤレス充電の回路がショートして熱を持っており、思わずiPhone8を投げ出す場面があります。
 
電源部分を分解したり回路を操作すると、発火や爆発の危険性もあるので、絶対に真似をしないでください。
 
動画はこちらからご覧ください。
 

 
 
Source:YouTube (EverythingApplePro)
(hato)

 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ