仕事は心を込めて、最後まで手を抜かずに(iStock)

写真拡大

 いつでも何事に対しても、ベストを尽くす事が肝心です。これにまつわる話をご紹介します。

 長年勤めたある大工が引退しようとしていました。雇い主は、辞める前にもう一棟、家を建てて欲しいと彼に依頼しました。

 大工は仕方なく仕事を引き受けました。しかし、リタイアすると心に決めてから緊張感がなくなったのか、建築材料を選別する時も、工事を行う時も心ここにあらずとなり、仕事を疎かにしてしまいました。

 一ヶ月後、家が完成しました。その時、この家は雇い主から彼に向けた、引退のプレゼントだったことが分かりました。大工は手抜き工事を行った自分を恥じ、心から後悔しました。

 (翻訳編集・豊山)