カナダ・エドモントンで横転した、容疑者が運転していたトラック(2017年10月1日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)カナダ西部アルバータ(Alberta)州エドモントン(Edmonton)で9月30日夜、男が警官1人を車ではねた後に刃物で刺し、続いてトラックで通行人らに突っ込んで4人を負傷させた。警察当局は10月1日朝、ソマリア人の容疑者(30)を逮捕した。ジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)首相は「テロ攻撃」と断じている。

 事件はまず9月30日午後8時15分(日本時間10月1日午前11時15分)ごろ、カナディアン・フットボール・リーグ(CFL)の試合が行われていた同市コモンウェルス・スタジアム(Commonwealth Stadium)付近で発生。白い乗用車が警察のバリケードに突入し、パトカーの前に立っていた警官をはねた。

 警察が出した声明によると、この警官は4メートル半近く宙に浮いた後、自身のパトカーの上に落下。エドモントン在住の男(30)とみられている容疑者が車から飛び出し、この警官を執拗(しつよう)に刃物で刺した。容疑者はそのまま徒歩で逃走し、警官は病院に急送された。

 地元警察幹部が記者会見で明らかにしたところでは、容疑者は今度はレンタルトラックに乗って同市中心部に向かい、2か所で歩行者らを故意にはねようとした。トラックは計4人の歩行者にぶつかり、4人は複数の傷を負って病院に搬送された。その後トラックは制御を失って横転、容疑者はようやく逮捕された。

 襲撃に使われた車のうちの1台から、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の旗が押収されたことから、警察はテロ行為とみて捜査を進めている。

 地元メディアは容疑者の身元をアブドラシド・ハサン・シャリフ(Abdulahi Hasan Sharif)と伝え、当局も確認した。当局によるとソマリア国籍のシャリフ容疑者はカナダで難民申請をし、2015年以降、治安当局に知られていたという。

 トルドー首相は声明を出し、この事件を「テロ攻撃」と断定。「深く憂慮するとともに強い憤りを感じている」と述べ、国民に警戒を呼び掛けた。
【翻訳編集】AFPBB News