斎藤工が岩田剛典と山本美月を追い詰める 『去年の冬、きみと別れ』特報映像

写真拡大

 EXILE / 三代目 J Soul Brothersの岩田剛典単独初主演映画『去年の冬、きみと別れ』より、特報映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、芥川賞作家・中村文則のサスペンス小説を映画化した純愛サスペンス。結婚を間近に控え、本の出版を目指す新進気鋭のルポライター耶雲恭介が、美しき女性焼死事件の元容疑者で、天才写真家の木原坂雄大を追ううちに、抜けることのできない罠に迷い込み、やがて最愛の婚約者まで狙われてしまう模様を描く。岩田が主人公の耶雲恭介を演じるほか、山本美月、斎藤工、浅見れいな、北村一輝らが出演。『脳男』『グラスホッパー』の瀧本智行が監督を務めた。

 公開された特報映像は、岩田演じるルポライターの耶雲恭介が、「私たち、これからもっともっと幸せになります」と宣言する、山本演じる婚約者・松田百合子と仲睦まじく談笑する幸せそうなシーンから始まる。さらに、斎藤演じる木原坂が「君に覚悟はあるの?」と耶雲を翻弄する姿や、木原坂が不敵な笑みを浮かべながら百合子に近づいていく様子、耶雲が涙を流す姿などが捉えられているほか、“愛のために、人はどこまで変われるのか?”というキャッチコピーも挿入されている。(リアルサウンド編集部)