「牛のすき煮温玉のっけ」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:吉田瑞子 撮影:原務

写真拡大

ジューシーな牛肉とさわやかなトマトは相性抜群。トマトのみずみずしさが、牛肉の濃厚なうまみやコクを引き立ててくれます。今回はトマトの赤が映える牛肉料理5選をご紹介。カラフルな料理が勢ぞろいなので、見るだけで食欲がわきそうです。味だけでなく目にも美しいメニューを並べて、食卓に彩りを添えましょう。

ほかにもいっぱい!「牛肉のレシピ」をチェック!

■ 【牛のすき煮温玉のっけ】(379Kcal、塩分2.1g、調理時間15分)

<材料・2人分>

牛薄切り肉 150g、温泉卵 1個、玉ねぎ 1/2個、ミニトマト 8個、万能ねぎ 適宜、しょうがのせん切り 1/2かけ分、合わせ調味料(しょうゆ 大さじ1と1/2、酒、砂糖 各大さじ1)、サラダ油

<作り方>

1. 玉ねぎは1cm幅のくし形切りにする。ミニトマトは浅い切り込みを一本入れる。万能ねぎは1cm幅の斜め切りにする。牛肉は大きければ食べやすく切る。浅く切り込みを一本入れると皮がはがれずに、きれいにはじける。

2. フライパンに油小さじ2を熱し、しょうがと牛肉を炒める。肉の色が変わったら、合わせ調味料を加えてさっと炒める。ミニトマトを加えて温める程度に炒め合わせる。

3. 器に盛り、卵をのせて万能ねぎを散らす。

万能ねぎの緑、トマトの赤、卵の黄色で色鮮やかに仕上がります。温泉卵をのせると豪華さとおいしさがアップ。甘辛い味つけに卵のまろやかさをプラスします。とろとろの黄身と具材を絡めながら召し上がれ。

■ 【牛カルビのトマトソースがけ】

生のトマトを使ったトマトソースにタバスコを入れてピリ辛味に。フレッシュなソースでカルビ肉をさっぱりといただきましょう。

■ 【トマトと牛肉のカレー炒め】

牛肉と野菜を定番のカレー味で炒めた1品。スパイシーな香りで白いご飯がどんどん進みます。

■ 【牛肉と里いもの煮もの】

クレソンとミニトマトを入れて洋風に仕立てます。クレソンは食感を生かすため、最後にサッと煮る程度でOK。

■ 【タコス風牛肉炒め】

火を止めてチーズを散らしたら、ふたをして1〜2分蒸らします。余熱でチーズがとろ〜っと溶けたら出来上がり。

牛肉はうす切りやステーキ用などさまざまなパックで売られており、それぞれの料理に適した部位がありますが、特に指定のない場合はこま切れ肉がおすすめ。加工段階で出たさまざまな部位の切れ端を集めたもので、比較的安価で手に入ります。スーパーなどで買い物する時はチェックしてくださいね。