フジテレビ本社屋「フジさんのヨコ」で行われた「SKE48 CAFE&SHOP出張イベント」に登場したSKE48メンバー

写真拡大

10月1日に東京・台場にあるフジテレビ本社屋「フジさんのヨコ」で、名古屋・栄のSKE48 CAFE&SHOPの出張イベントが2部にわたって開催。松村香織、木本花音、佐藤すみれ、野村実代、仲村和泉が出演した。

【写真を見る】以前使っていたキャッチフレーズで自己紹介する木本花音

第1部に登場したのは松村、木本、佐藤、野村の4人。ステージでは、MCの松村を除く3人が会場のファン有志と協力してゲームに挑戦。ゲームはメンバーとファンがチームを組んで、体に歩数計を着けて一定時間体を動かし、2人の合計数を競うというもの。木本チームが勝利を収めると、負けた佐藤と野村には罰ゲームが。

罰ゲームは「蜂の子の甘露煮」。これまでテレビ番組の罰ゲームなどで虫を食べてきたという佐藤だが、「虫は虫なんだよね…」と顔を曇らせる。一方、蜂の子初体験の野村は「意外にいけそう」と前向き。2人同時に蜂の子を口に運ぶと、野村は「おいしい!」と食べ進めるが、佐藤は「味付けはおいしいけど、虫の味がする…」と克服できず。

第2部は松村、木本、佐藤、仲村の4人が出演。ここでは、木本がプロフィールの特技に挙げている「即興劇」をお題に沿って披露。すると、佐藤と仲村も巻き込まれ、佐藤が“何をするにも言い訳ばかりする兄”、木本が“兄を叱りつける妹”、メンバーやファンから顔がカワウソに似ていると言われている仲村は“ペットのカワウソ”を演じることに。即興劇が始まると、佐藤の「だって木本花音ちゃんっていう子がかわいいからさ〜」という言い訳に、木本は「私もめっちゃかわいいと思うけど」「ガチ恋? 確かに木本花音ちゃんのファンはガチ恋系多いから」と全肯定で答えてみせ、会場のファンからは笑いが起こった。

また、第2部でもゲーム企画が行われ、メンバーとファンが第1部とは異なるゲームに協力して挑戦。だが、チャレンジ失敗となり、メンバーは罰ゲームとして激辛カレーを食べるはめになってしまった。

各部の最後には、この日出演した5人がステージ上にそろい、「アイシテラブル!」と「意外にマンゴー」2曲のパフォーマンスを見せた。