注目を集めるヤマカガシ。我々は野生生物とどのように付き合っていけばよいのだろうか。(写真:中井寿一/アフロ)


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「危険生物」という言葉

 2017年の夏は、「危険生物特集」と謳ったテレビ番組が多かったように思う。筆者のところにも、テレビ関係者から「危険生物として、タイのミズオオトカゲの取材をしたい」と相談があった。

 しかし、実際にはミズオオトカゲは危険な生物とは言い難い。確かに全長2mを超すものも多いが、人と遭遇すれば逃げていく。そもそも、すでに多数の個体がタイ都市部に暮らしており、本当に危険ならばもっと事故が起きているはずだ。

 そのあたりは、NHK「ダーウィンが来た! 潜入!大都会のトカゲ王国」(2017年3月26日放送)に出演し、紹介済みなので、興味のある方は再放送を待ってほしい。筆者自身は、「危険生物」というもの自体が、本当は存在しないのではないかとすら思っている。わざわざ人間を好んで襲う生物など、蚊くらいではないだろうか?(蚊は確かに危険だが)

ヤマカガシ事故

 さて、そんな状況の中、今年7月29日に兵庫県で、ヤマカガシに咬まれた小学生が意識不明になるという事故が起きた。幸いにも、一命を取りとめたが、筆者はまったく別の部分で嫌な予感がしていた。それは冒頭で述べた「危険生物」報道の過熱である。その予感は的中した。メディアにあふれる「ヤマカガシ危険!」の文字。

 確かに、ヤマカガシによる死亡事故は、1974年以降に4例起きている。毒性がマムシより強いとされているヤマカガシは、本州・四国・九州の田園や河川敷、山間部に広く生息している。

 毒性と分布域から考えると、4例しかないのは少ない気もする。きちんとした生息数のデータはないが、ヘビ類の調査をしている人から「どこへ行ってもアオダイショウやシマヘビばっかりで、ヤマカガシは少ないなあ」という話を聞いたことがある。たしかに、筆者の経験としてもヤマカガシに遭遇する率は少ないように感じる。

 しかし、仮に数が少ないのだとしても、いるところに行けばいるのは事実である。筆者だって、仕事柄、野外に出ればヤマカガシとはそこそこ遭遇する。人里近くの場合も多い。だとすると、ここ四十数年で死亡例4件というのは、いかに少ないか想像いただけるだろう。

 では、なぜ事故が少ないのか? それは、ヤマカガシも冒頭で述べたミズオオトカゲと同じく、人と遭遇すればまず逃げていくからである。

 確かにヤマカガシは、場合によっては人間を死に至らしめる毒を持っている。しかし、かたやヤマカガシから見れば、人間は自分よりはるかに大きい動物である。まさに「窮鼠猫を噛む」の状況でない限り、無謀にも人間に向かっていくなどあり得ない。

ヤマカガシ事故が起こる時期と時間帯

 日本自然保護協会編集『野外における危険な生物』によれば、ヤマカガシ事故は真冬を除いて起こりやすいとされている。時間帯も朝方〜18時と幅広い。なお、筆者の経験から、夏の日中は日差しがきつく、ヤマカガシに限らずヘビと遭遇することは少ない。むしろ、過ごしやすくなり、かつ冬眠前で食欲が増しているこれからの季節、秋の方が遭遇率は高い。

ヤマカガシによる事故が起こりやすい季節と時間(『』日本自然保護協会より改変)


「ヤマカガシの見分け方」の意味のなさ

「ヤマカガシの見分け方」なるネット上の記事も増えたが、まったく意味が分からない。そのような記事の大概が、体の模様などを見分けるポイントとしているが、そもそも、

(1)ヤマカガシは多数のカラーバリエーションがある
(2)本来、ヘビの種類は鱗の数や形で調べるもの
(3)素早く逃げたり、隠れたりしていることが多い
 

という点から、どうやって確認させるつもりで記事を書いているのか、はなはだ疑問である。仮にヘビを見かけた場合、そのヘビが逃げも隠れもせず鎮座していたとしても、何というヘビかじっくり観察するより、その場から離れた方がよっぽどリスク回避ではないか。

 特に(1)である。読者のみなさんは、次の写真のうち、どれがヤマカガシか分かるだろうか? 毒蛇としては、ヤマカガシとマムシが写っている。なお、すべて本州でみられるヘビたちである。

本州でみられるヘビ類とそれらのカラーバリエーション。どれがヤマカガシか分かるだろうか? 写真:(c)


 答えは、こちら

 ちなみに、筆者のように職業柄、慣れていれば、チラ見でもだいたいヘビの種類は分かる。が、一般の方がそのレベルになるには、それこそリスクを背負って多数のヘビを観察せねばならない。

 ヤマカガシに限らず、ヘビ類あるいはヘビっぽいものを見かけたら近寄らない。そして、逆に駆除する必要もない。向かってくることはないし、魔法使いや飛び道具使いでもない限り、手を触れずに殺すことなどできないのだから、わざわざ咬まれる機会を与えない。これに限る。どんなにキノコ料理が好きな人でも、経験も知識もないのに山でキノコを採って食べてはいけないのと同じことである。

野生動物との距離

 これはヤマカガシに限ったことではない。日本国内で積極的に、動物が人を襲うことがあるとしたら、ヒグマくらいである。それも、条件が整ったときだけの最悪のケースだ。しかし、前述したように動物だって、追い詰められれば反撃する。飼い犬だって手を咬むのだ。当たり前だろう。

 ノーベル平和賞を受賞したエリ・ヴィーゼルは「愛の反対は、無関心」と述べたが、こと野生動物に対しては「無関心こそが愛」ではないかと筆者は思っている。もちろん、人間のせいで絶滅しそうな動物を放っておけという意味ではない。野外で出会っても、無関心でいてあげる、そっとしておいてあげるべきではないだろうか。

 とはいえ、自然を慈しむのは人間として、大切にすべきとても自然な感情である。じっくり観察したい場合は、生き物の種類の見分け方と、それぞれの種類ごとの適切な距離と対応方法を勉強するしかない。ヤマカガシやヘビ類をどうしても観察したい場合や、ヘビ類に遭遇するような場所で自然観察を行う場合は、前出のヘビ写真一覧から毒蛇をさっと見分けられるようになるしかないだろう。

 なお、筆者は野生動物の調査を生業としている。だから、日々何かしら野生に迷惑をかけている。動物を愛しすぎているから、多大なる迷惑をかけずにはいられない。そんな矛盾した職業なのである。

世界的にも稀なヤマカガシの特徴

 最後に、ヤマカガシには生物学的に面白い特徴がある。それは、毒を2種類持っているということだ。ひとつは、今回の事故でも取り上げられた毒牙を介して出る毒腺。もうひとつは、頸(くび)が圧迫されることで飛び出す頸腺毒だ。

 実は、前者は本来、獲物を弱らせるためのものなのだ。対して、後者は身を守るためのもの。そう考えると今回の事故は、ヤマカガシがよっぽど追い詰められていたことが想像できる。

 しかも、毒牙の毒はヤマカガシ自前のものだが、頸腺毒は借り物なのだ。元を正すと、食べたヒキガエルの毒をため込んでいるのである(参考:http://blog.miraikan.jst.go.jp/other/20131227post-445.html)。捕食用と防御用に2種類も毒を持っていて、しかも防御用は他生物から借りている。そんなヘビは世界的にも極々まれである。

 こんな面白いヘビをただ恐れるのではなく、うまく付き合っていける日本社会であってほしいなと願う次第である。

筆者:大渕 希郷