日本国内では北朝鮮問題が論じられながら、肝心の国会は解散総選挙という報を目にしながら、アムステルダムで仕事をしています。オランダでは9月24日に投票があったドイツ総選挙での右旋回が憂慮されています。

 ドイツ国内では、ベルリンでもミュンヘンでも、善し悪しは別としてドイツも日本も右傾化や軍備増強の可能性が高いなどといった話がわりに気軽に出てきましたが、オランダではトンでもないというのが基調になっている。歴史のなせる業でしょう。

 ドイツの総選挙ではアンゲラ・メルケル氏率いるCDUキリスト教民主同盟は辛くも与党の座をキープしましたが、従来の社会党SPDとの連立は解消され、新たな政権構成への折衝が進められています。

 これは、ネオナチ的な思想を持つ候補を含む極右政党「ドイツの選択」AfDがいきなり第3党として70人を超える代議士を連邦議会に送り込むこととなりました。SPDが連立に入ってしまうと極右新政党がいきなり野党第一党となり、1933年の悪夢を想起させかねないという危機感によるもの、とも言われます。

 1950年代以来「戦後冷戦期」、1990年以降の「冷戦後」そして2000年以降のEU通貨統合後のマーストリヒト体制が昨年の英国EU離脱で本格的に綻び始めました。

 今回のドイツでの右翼躍進は一過性の事故というより構造的な危険を持ったものとして認識されています。「フィリピンや日本でも同様では?」と問われるのが「配分の不公正」です。

 行き過ぎたネオリベ(ラリズム)の悪影響、動かない衆愚議会・・・。

 様々な兆候が90年前のファシズム前夜を思わせ、言われてみれば血盟団事件だ浜口雄幸襲撃だというのもテロと言えばテロであり、くれぐれも歴史の示す愚行を繰り返さぬようにと祈らないわけには行きません。

 アムステルダムでは「北朝鮮の敵は米韓で日本は関係ないのでは?」とも繰り返し指摘され、その都度一定の説明をせざるを得ませんでした。

 オランダもドイツも市民対象の無差別テロに直面しており、むしろ「東京五輪のテロ対策は?」と問われるのですが、私が知らないだけなのかもしれないけれど、「はっきり言ってよく見えない」と答えざるを得ませんでした。

 ということで今回は日欧で発生した事件「以降」の対応の違いを考えてみたいと思います。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

乱射現場のマクドナルドに設置された「ガラスの塀」

 前回も触れたように、昨年ミュンヘンで発生した銃乱射事件はマクドナルドから凶行が始まりました。

テロ現場(ミュンヘン)のマクドナルドの店内で総選挙のニュースを見つつ昼食に。コーヒー(大)がやたらと巨大なのも日本との顕著な違いの1つか。


 やや本題からずれますが、ご存知の方はご存知のように、海外のマクドナルドは概して一つひとつのバーガーが大きい。

 と言うより、日本のマクドナルドが日本人向けに小さくされている事実にも、海外のケースを見て改めて気づかされます。

ミュンヘンの銃乱射事件現場で、何事もなかったかのように遊ぶ子供たち。


犯人が銃を乱射して進んでいった「ミュンヘン・オリンピック・ショッピングモール」

「名を刻む文化」と「個人情報」?

 世界各国の慰霊モニュメントを訪ねて、いつも痛感させられる1つに「名」を記すか記さないか、という文化の違いがあります。

 日本では建物や道路に個人の名前がつくというのは珍しい。苗字がついていても財閥に化けていたりします。

 例えば東京大学には俗に「安田講堂」と呼ばれるものがありますが、正式名称は「大講堂」ですし、安田は財閥の名として理解されている。

 逆に個人名、例えば「信ちゃん橋」なんて名でもついていた日にはろくなことが想像されない・・・。

ショッピングモール内には「東京寿司」なる<回転寿司店>も。ドイツで回転寿司を目にしたのは初めてのことでした。


 ちなみにウィキペディアにはバラク・オバマの名がついた学校や通りの名前を集めたページがあります。

 少し前までは別の名だったのでしょう。道路などは市議会で可決などして残していく。町が歴史の記憶に、いやもっと明確に言えば「記録媒体」となっている。

 ドナルドダックならだしも、トランプ何某通りなどはどうか勘弁してほしいと今から願い下げるところですが・・・。

 閑話休題。

 建物や通りに名前をつける文化とそうでない(日本のような)文化。

 両者は単に違うのであって、善し悪しでは片づけられない問題でしょう。

 ミュンヘンのケースでは、9人の犠牲者の名前がモニュメントに記されているのはもちろん、顔写真も鉄のオブジェに焼きつけられ、何年何月何日にどんな顔をした何歳の誰がどのような目にあったのかが、一目瞭然になっています。

 翻って、日本で目にする慰霊碑は「英霊」その他、集合名詞的な記載が多いような気がします。

ミュンヘンのモニュメントには9人の犠牲者の名前と顔写真、享年が刻まれている。


 一神教の文化は、最後の審判の日にあらゆる死者が蘇り、神の前に立つという個人主義の基本をなす考えがあり、これ自体はキリスト教のみならずユダヤ教でもイスラム教も共通と思います。

 ホロコーストのメモリアルを訪れると、壁一面に記された

 「名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前名前・・・・」

 夥しい文字の列、名前の列挙を目にすることがあります。ユダヤ教徒は個人とその固有名を大切にしますが、その徹底を痛感させられる局面と思います。

 翻って、日本の墓石には「〇〇家累代墓」的な記載が少なくない。個人より「家」が先行する文化ですね。

 逆に、キリスト教世界の都市では、広場や通りに個人の名前がつけられていることが少なくない。これも苗字といえば苗字ですが、明らかに個人を指しています。

 オクトーバーフェストの会場に行くべく、地下鉄「ゲーテ広場」(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ)駅で下車して「モーツァルト通り」(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト)を直進、あるいは混雑を迂回して「ハイドン通り」(ヨーゼフ・ハイドン)から「シューベルト通り」(フランツ・シューベルト)や「ベートーヴェン通り」(ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン)を通っても、お祭り広場である「テレーズ緑地」に行くことができる。

(地図を参照、実際の地理です)

 これでもか、という固有名詞のオンパレードです。

 この点、日本の道路表示は基本「中華風」の条理番号、国道1号線が別名「東海道」であるように「明治通り」にも「山手通り」にも必ず番号がついている。

 国民総背番号制ならざる「全国道路総番号制」に誰も疑問を持っていない。むしろ合理的で良いくらいに思っているかもしれません。中華思想にどっぷりと使っているように思いますが、あまりその自覚がない。

 ベルリンもパリも慣れるまでは通りの名前が分からず苦労しましたが、京都だって「姉三六角蛸錦」なんていうくらいです。番号でコントロールされすぎると味も素っ気もありません。

モニュメントに奉納されていた、犠牲者の名が記されたTシャツ


 こと「犠牲者」に関して「個人名」の取り扱いでは、やはり2016年の7月、ミュンヘンの事件の直後に相模原で発生した7月26日の大量殺人事件を思い出さないわけにはいきません。

 ここでは、被害者氏名の公表が回避されました。

 殺害された被害者19人の遺族全員、さらには負傷者24人の家族も、被害者の実名公開を拒否されたため、と報じられています。

 その背景には、氏名が公開されたとき、どんな2次的な反応(2次被害)が襲いかかってくるか分からないという恐怖があるとも聞きます。

 一部実名を公表する家族も現れましたが、「後で後悔するかもしれない」「極端な偏見で苦しんでいる人もいるから」といった消息も報道されました。

 かつて、ナチスドイツが推進したホロコーストが、当初は精神障害者や心身障碍者から始まった経緯は広く知られる通りで、ホロコースト・モニュメントではそうした人々の名も一切分け隔てがありません。

 知られる限りの犠牲者の固有名が刻まれるのがモニュメントの基本ですが、それが「できない」社会、しかも「残された家族にどんな影響が出るか分からない」という恐怖感が背景となると、外野からの図式的な批判は軽薄に過ぎるようにも思われます。

 いずれにせよ、事件は起きてしまい、被害者は帰ってきません。その追悼は、本来の名をきちんと刻んで行うのが、個人を個人として尊重する基本であるのは間違いありません。

 遺族にとってごく普通の追悼が難しい、日本社会が与える潜在的な恐怖感。よく考える必要があるのではないか、とほぼ同じ時期(2016年7月22日と26日)に発生したミュンヘンのモニュメントを見ながら、思わずにはいられませんでした。

筆者:伊東 乾