「Thinkstock」より

写真拡大

 元国税局職員、さんきゅう倉田です。毎年のお正月の過ごし方は、「課税売上割合の計算」をすることです。

 国税局の税務調査は年々進歩しており、10年ほど前まではインターネットを使った取引に対応しきれていませんでしたが、デジタルフォレンジックの導入や内部教育、携帯端末の発達により、調査先からデータを持ち帰ったり、マイナーな知識も事前に修得したりと、調査力は上がってきています。

 今回紹介する調査事例は、ネットを使った中古商品の転売、いわゆる「せどり」を反復継続して行う個人事業者宅に臨場したものです。

【準備調査】

 準備調査によると、過去3年間の売り上げは600万円、3000万円、6000万円と堅調でしたが、税理士との顧問契約はなく、確定申告書の記載にも漏れが見られました。青色申告の承認を受けて、65万円の青色申告特別控除を適用していましたが、帳簿の作成にも不備があるものと予想できました。

 電話で連絡し、1週間後に実地調査の予約をしました。自宅兼事務所だったため、すぐに調査日が取れたのは幸いでした。業種によっては、日中に事務所にいることがほとんどなく、なかなか調査日が取れないこともあります。たとえば、土建業で日中は現場にいるような場合です。それでも、調査に行くことを決めた以上、あきらめることは絶対にありません。調査対象者を説得して日程をすり合わせ、2〜3カ月先の予定を押さえてもらうこともあります。

【臨場】

 調査日当日、朝10時に2LDKの自宅兼事務所に臨場しました。2部屋あるうちの一室を作業場兼倉庫にしているようです。簡単に見学した後、ダイニングの椅子に座って、事業概況を聞くことにしました。

 定番である最近の日米の経済の話をしてから、家族構成や愛人の有無、開業の経緯を確認します。

 調査対象者は、会社員時代に3冊の本を読み、独学でせどりを始めたそうです。100円の本が1万円で売れるなど、順調に売り上げが伸びていったため、将来性を感じて脱サラ。ビジネスの才能があったのか、売り上げは逓増しました。本以外に、おもちゃやゲーム、日用品も手がけるようになりました。前職では経理の経験があり、確定申告書と帳簿の作成に自信があったため、税理士を雇わずに申告しているとのことでした。

 一通り概況を聞き終え、仕入れの方法や販売方法、在庫の棚卸し状況を聞き取りました。販売は、おおむねアマゾンを利用しているらしく、セラーセントラルの画面を確認する必要がありました。セラーセントラルとは、アマゾンで商品を販売する業者向けの出品管理ツールです。出品する商品の登録や管理、売上高、アクセスデータを分析できます。

 次に預金通帳を確認しました。セラーセントラルの売り上げと入金の差異を、ひとつずつ確認し、売り上げの計上漏れを探します。アマゾンをメインに売り上げを積んでいるため、その他の収入を計上していない可能性は十分にあります。案の定、「ヤフオク!」などに出品した商品の売り上げは、収支内訳書に転記されていませんでした。

 売り上げと異なり、仕入れはインターネットを利用したものから、大手チェーンの古書店、神保町の古書店、雑貨店など、多岐に渡りました。在庫の管理はエクセルで行っていたので、セラーセントラルのデータと合わせて、USBメモリに保存して持ち帰りました。税務署に戻ってからデータを確認するのですが、今から10年前にはUSBメモリを使うような調査手法はまれでした。

 今回の調査では、売り上げの一部を除外していたため、本税のほかに重加算税と延滞税で300万円ほどの追加納税となりました。ほとんどの納税者が、事業開始直後は「申告はちゃんとやろう」「ちゃんと納税しよう」「きちんと記帳もしよう」と考えます。しかし、数年も経つと、「どうせ税務調査なんて来ないんだから、経費を増やしたり、売り上げを抜いたりしてもいいだろう」という、恣意的で甘い考えを持ち始めます。そのような甘えは、必ず帳簿や確定申告書に反映されます。その些細な変化を調査官たちは見逃さず、調査にやってくるのです。
(文=さんきゅう倉田/元国税職員、お笑い芸人)