小池氏が衆院選に「出る」「出ない」で政界は振り回されている(写真;日刊現代/アフロ)

寒露の候を迎える10月だが、10.22衆院選に向けた"小池狂騒曲"の熱気は冷める気配がない。「国難突破解散」を仕掛けた安倍晋三首相を押しのけて選挙の主役に躍り出た小池百合子東京都知事の一挙手一投足に、候補者はもとよりメディアや有権者まで一喜一憂するという異様な状況だからだ。

テレビは連日、小池氏の衆院選出馬について「出る」「出ない」の憶測情報を垂れ流し、肝心の政策論争は「刺身のつま」にもなっていない。国の未来を決める国政選挙が、小池氏という「稀代の勝負師」の"独り舞台"と化している現状では、国民の間に「希望」より「虚しさ」が広がるばかりだ。

衆院選の構図を一変させ、選挙のテーマに「政権選択」を押し上げたのは、「日本をリセットする」と叫んで小池氏が立ち上げた「希望の党」の参戦だ。自民・公明両党による巨大与党と対峙するはずだった民進党が「できたてのベンチャー新党」(自民幹部)に身売りするという「仰天の事態」(民進党リベラル派)に小池狂騒曲の音響は極限に達した。

虚を突いたはずの冒頭解散が、「窮鼠猫を噛む」ような民進党の捨て身の逆襲につながったのは、首相にとっての「大誤算」。解散直後の街頭演説で「ブームの先には希望はない」とこぶしを振り上げる首相にも焦りの色が隠せない。

分かれる世論、与党でも相次ぐ「小池出馬論」

投票までわずか3週間。本来なら各党各勢力が陣立てを整え、選挙公約を掲げて政治姿勢や政策を競い合っているはずだが、政界を含め世の中の関心が小池氏の衆院選出馬の可否に集中している。一方で、政権交代を狙うという希望の党は、民進党系立候補予定者の「選別」で早くも内輪もめを演じており、公認候補の全容もまだ判然としない。

政界や有権者の間でも、小池氏が都知事をやめて選挙に打って出ることへの是非や賛否は真っ二つだ。マスコミの世論調査では「都知事をやめるのは無責任」との声が多数派だが、その一方で、希望の党への期待の高さは小池氏出馬が前提となっている。もちろん、希望の党の公認を目指す前議員や新人候補の多くは、「小池さんが出てくれないと風が吹かない」(民進党前議員)と口を揃える。

これに対し、与党からも「小池出馬論」が相次ぐ。首相とともに「選挙戦の顔」となる小泉進次郎自民党筆頭副幹事長も、「運動靴とヒールを使い分けるのではなく、分かりやすく1つの靴を履いていただきたい」と挑発した。「出馬すれば『都政放り出し』、出なければ『敵前逃亡』と攻撃する」(自民選対)という逆襲戦略を念頭に置く対応だが、与党幹部たちには「本当に出られたら困る」という本音も隠せない。

解散直後の9月28日午後3時半過ぎ、カメラの放列と取材記者で満員の日本記者クラブ会見場で会見した小池氏は、「国政に戻るのではないかと、(報道が)にぎわっているが、今の国会が変わらない限り、都政でしっかり頑張る。でなければ同じことをまた繰り返すだけ」と出馬を否定した。ただ、「国会が変わらない限り」と条件を口にしたことや、その後も完全否定は避けているため、出馬をめぐるメデイアの憶測報道は過熱するばかりだ。

小池氏の最終決断のタイミングは現在開会中の都議会の会期が終わる5日夜か翌6日との見方が多い。ただ、それでは衆院選公示(10日)の直前だけに、希望の党幹部の間では2日に予定される同党第1次公認候補者発表に合わせての意思表示を求める声も少なくない。その後にずれ込む見通しの民進党離党組を中心とする第2次公認決定にも小池氏の出馬の有無が重要な前提条件となるからだ。

「3都物語」で大阪、愛知知事との連携表明

小池氏は9月30日、大阪に出向き、松井一郎大阪府知事と大村秀章愛知知事との3者会談を行い、太平洋ベルト地帯を形成する3大都市の連携により「地方の大改革で国政を変える」ことを確認した。いわゆる「3都物語」というわけで、小池氏の仕掛けに松井、大村両知事が応じたとされる。

ただ、小池氏の狙いは日本維新の会代表でもある松井氏との「共闘」協議だったとみられ、松井氏との間で「双方の地元では候補者調整で協力する」という戦略的互恵関係で合意した。3者会談後の記者会見では当然、小池氏の出馬問題に焦点が当たったが、「二足の草鞋」を実践してきた松井氏の「(3人のうち)誰かが 立候補したら3都物語がウソだったことになる。あり得ない」との発言に、小池氏はうなずきもせずに首を傾げてみせた。

1992年に細川護煕氏(元首相)に寄り添っての日本新党結党から、今年7月の都議選圧勝まで四半世紀を超える小池氏の政治家としての軌跡で浮かび上がるのは「メデイア戦略」の巧みさだ。今回の出馬騒動でも「ぎりぎりまで引っ張ることで、話題をさらう」という小池流は健在だ。9月25日午後の結党宣言以来続くテレビジャックは小池氏の作戦通りともみえる。

周辺には「私の出馬説と後継知事の名前まで取り上げるのは、フェイクニュースそのもの。(各局の情報番組は)放送法違反じゃないの?」と口を尖らすというが、衆院選公示を前に「小池劇場」を満員御礼にしているのは小池氏自身でもある。

負け戦なら出馬には意味がない

関係者によると小池氏が待っているのは中央マスコミや主要政党が実施している選挙情勢調査の結果だという。

いくら「政権交代」が最大のテーマとなっても選挙結果は有権者の投票次第だ。これまでの大手紙の緊急調査で希望の党への支持は急騰しているが、自民党に並びかけるところまではいっていない。これからの調査は各選挙区の当落も予測するもので、多くの調査で「自公の半数割れ」の可能性が浮上しないかぎり、小池氏が出馬しても「野党第1党の党首」が定位置となる。その場合、政治論では「安倍vs.小池」の戦いは小池氏の敗北となる。「初の女性首相」の可能性がなければ、批判の嵐の中で都知事という"玉座"を捨てる動機にはなりにくい。

小池氏側近で民進党系立候補希望者の「選別」を進める若狭勝前衆院議員は1日のNHK国会討論会で「私は小池さんは出馬しないと思っている」と語るとともに「候補者の数の問題もある」と口走った。

小池氏は表向きは「政権交代を目指す以上、衆院定数の過半数の候補者擁立が必要」と語るが、「オリジナルメンバー」を軸とする第1次公認候補は60人前後との見方が多く、あと180人近いの公認候補が必要となる。しかも、その候補者達が小選挙区で与党候補を破る可能性がない"かかし候補"ばかりでは意味がない。ところが、民進党前議員に入党希望者のうち「選挙に強い」とされる人材は50人足らずで、あとは「なんとか小池氏にすがって当選したい」という"風頼み"の候補者ばかりだ。

現時点での選挙専門家の結果予測では、組織力のある公明、共産両党に大阪を地盤とする維新の合計議席は70前後が確実視されている。これに「リベラル系」も含めた無所属での有力候補などを加えれば約85議席が「自民、希望以外」の議席数となるとみられている。定数が465議席だから残る約380議席を2党が奪い合う計算だ。

仮に、首相が勝敗ラインとした自公過半数を阻むためには、計算上希望の党が180議席以上獲得しなければならない。そうでなければ選挙後の特別国会での首相指名選挙で小池氏という名前を書く意味もなくなるわけだ。小池氏が「首相指名選挙はどうするか」と聞かれても「その時に考える」いうのは「負け戦なら意味がない」と考えている証拠にもみえる。

「シナリオライター」に小泉、小沢両氏の名

それにしても、今回の「小池劇場」は昨夏の都知事選を超える「大演(だ)し物」となっている。そこで永田町で話題となるのが「シナリオライター」の存在だ。これまでの経緯を検証すると、2人の大物の存在が浮かんでくる。小泉純一郎元首相と小沢一郎自由党代表だ。いずれも、小池氏が政界でのし上がってくる過程で、小池氏からすり寄った「権力者」だ。小池氏も含めて3人の姓がいずれも「小」で、続く文字が「池」と「泉」と「沢」という揺れ動きまじりあう「水」の"集合体"であることも何やら暗示的だ。

小泉氏の存在は25日の小池氏の結党宣言直後に、都庁で小池氏と会談したことで表沙汰となった。福島第1原子力発電所の事故が起こって以来、「原発ゼロ」が小泉氏の持論だ。小池氏との会談でもその意義を力説し、小池氏も希望の党の主要政策に「原発ゼロ」を掲げた。

一方、小沢氏はかねてから野党結集のための「オリーブの木」構想を提案しており、小池氏や前原誠司民進党代表の水面下の相談相手になってきたとされる。小沢氏は今回選挙では前原氏らと同様に無所属で戦うとみられているが、永田町では「当選後は希望の党に入党して幹事長になる」との噂も飛び交う。

小池劇場も面白可笑しく報じるスポーツ紙の見出しで秀逸だったのが「緑のたぬき」だ。もちろん、"百合子グリーン"の衣装をまとい、ややたれ目のとぼけた表情で枯れ葉を小判に見せるようなマジックを駆使する小池氏の「あだ名」だ。誰もが知るそばとうどんのインスタント食品のコマーシャル「赤いきつねと緑のたぬき」からとったもので、そうすると「赤いきつねは誰?」となる。風貌からは小泉氏だが、裏の仕掛け人は小沢氏だろう。ただ、「今後の経過次第では『狐と狸の化かし合い』にもなりかねない」(小沢氏側近)との声もある。

小池氏は選挙戦の政策的な争点に原発ゼロと消費税凍結を打ち出した。「原発ゼロなら自民党を追い詰められる」(小泉氏)ことに加え「消費税凍結」は首相の「使途見直しによる増税」への対立軸となり、有権者のポピュリズムにも訴えられる。もちろん、「エネルギー確保は?財政再建は?」という疑問や不安も伴うが「選挙戦はキャッチコピーの勝負、理屈っぽい訴えは聞いてもらえない」(選挙アナリスト)のが実態だ。「郵政民営化」や「政権交代」という"シングルイシュー"で選挙に大勝した小泉、小沢両氏の戦法を小池氏も踏襲しようとしているように見える。

今年の漢字は「希」で流行語大賞は「希望」?

小池劇場の副産物として年末恒例の流行語大賞には本命視されてきた「忖度」に「希望」が並ぶことになりそうだ。さらに「今年の漢字」には「希」が本命に躍り出たとの解説もある。しかし「ブームがすたれば国民の熱気も冷め、スターも表舞台から去る」のが政界の常。

「希望という名のあなたをたずねて 遠い国へとまた汽車にのる」…。東大闘争やあさま山荘事件で揺れた半世紀近く前の1970年ごろに大ヒットした「希望」の歌い出し。続くサビは「けれど私が大人になった日に だまってどこかに立ち去ったあなた」だ。大衆受けを狙った耳に心地よい政策や、わかりやすいキャッチフレーズの陰で、政界特有の"裏切りの連鎖"が続く今回選挙戦に有権者がどう反応するのかは、まさに、ふたを開けるまで分からない。