2ゴールを決めチームを勝利に導いた

写真拡大

リーガ・エスパニョーラ第7節、レアル・マドリード対エスパニョールが1日20:45(日本時間2日3:45)にキックオフを迎えた。マドリーはホームで未だリーガでの勝利がない。この試合負ければライバルのFCバルセロナとの勝ち点差10と絶対に負けられない中、スペイン代表イスコの活躍でマドリーは勝利を収めた。

【レアル・マドリード対エスパニョール】
前半 1-0(前半29分:イスコ)
後半 1-0(後半25分:イスコ) 
合計 2-0

エスパニョールはマドリーのホームで21年間勝利がないが、直近3試合負けなしと好調を維持していた。開始早々、後ろからの長いフィードに抜けたイスコがゴールに襲い掛かるもエスパニョールは何とか凌ぐ。そのプレーを皮切りに、そこから10分間マドリーの猛攻が続いた。

前半23分、セルヒオ・ラモスの至近距離からのヘディングシュートをエスパニョールの23歳GKパウ・ロペスがスーパーセーブをみせた。CR7も果敢に左サイドからドリブルで仕掛けるが、エスパニョールはDFラインに5人並び守備を形成した。

試合が動いたのは前半29分、中盤でボールを受けたCR7が前を向いて仕掛ける。裏に抜け出したイスコへスルーパス。ボールを受けたイスコは冷静にゴール右に流し込んだ。(1-0)

後半はエスパニョールが攻めるシーンが見られる。後半4分、カウンターから交代で入ったマルク・ナバーロが右サイドでボールを受け、フリーの状態でシュートするもこれはナバスがセーブ。

またもゴールを奪ったのはマドリー。後半25分、マドリーはショートカウンターからゴールへと向かう。そしてPA内でアセンシオからマイナス気味にラストパスを受けたイスコが、ゴール右に鮮やかなシュートを決めた。(2-0)

前半に比べマドリーはチャンスを作ることが出来ず、逆にエスパニョールがリズムを作りゴールへと向かうシーンが見られた。マドリーのエースCR7は、後半始まってから一向にピッチで存在感を示すことが出来ず試合は終了。マドリーはスペイン代表MFイスコの活躍もあり、ホームでの初白星を掴んだ。

【レアル・マドリード】
GK
ケイラー・ナバス

DF
アクラフ・ハキミ
ヴァラーヌ
セルヒオ・ラモス
ナチョ

MF
カゼミーロ
クロース
モドリッチ
イスコ

FW
アセンシオ
クリスティアーノ・ロナウド

【エスパニョール】
GK
パウ・ロペス

DF
アーロン・マルティン
マリオ・エルモソ
ダビド・ロペス
セルヒオ・サンチェス

MF
マヌエル・フラード
ハビ・フエゴ
ダンデル
マルク・ロカ

FW
モレノ
レオ・バティストン