難関資格の筆頭格である、公認会計士。

―高収入、堅実、転勤なし。

そんな好条件を難なくクリアする“勝ち組”であり、東京の婚活市場においても人気が高い職業の一つである。

しかし彼らにも、悩みはある。

士業として将来目指すゴールは独立開業?監査法人のパートナー?様々な選択肢がある中で、日々自身のキャリアに悩まされている。

慶應義塾大学商学部卒業後、大手町にある大手監査法人に入社した隆一、27歳。彼の公認会計士人生はいかに・・・?





ー公認会計士 北村隆一

23歳のとき、大手町にある最大手監査法人に入社した時にもらった名刺。その肩書に、僕はほくそ笑んだ。

大学2年生のときから、丸3年間。大学生らしく日吉キャンパスで友人たちと馬鹿話に興じつつ、その頃からこっそり渋谷のTACに通っていた。在学中に、公認会計士の資格を取ろうと思っていたのだ。

―ただのサラリーマンなんて、馬鹿らしい。

当時19歳だった僕は、そう思っていた。これから何十年も働くのに、何の資格もなく企業の奴隷として働く人生なんて、考えられなかった。

就活していた友人たちは、パターン化された志望動機をこねくり回して商社とか広告代理店を受けまくっていたけれど(本当の志望動機なんてきっと、有名企業に行きたい、女にモテたい、くらいだろう)僕に言わせれば、その行為は考えなしにしか思えなかった。

公認会計士の資格があれば、独立して事務所を構えることができる。もしかしたら、急成長中のベンチャー企業のCFOとしてヘッドハンティングされて、上場時のキャピタルゲインでウハウハ・・・。なんてことも、あるかもしれない。

きっと、普通のサラリーマンでは考えられない人生が切り拓けるだろう。

どんな有名企業に入ったとしても、所詮は会社の一兵卒。トップに上り詰められるのなんて、何千分の、いや何万分の一の確率だ。大学生の頃の僕は、そんな風に考えていたのだ。

そして大学4年生で難なく試験に受かり、“30歳まではとりあえず組織で働こう”という思いで最大手監査法人に入社。

僕の人生は、順風満帆そのものだった。

しかし入社5年目、27歳のときに僕は“迷い”を感じ始めた。


公認会計士、隆一の“迷い”のキッカケとは?




「公認会計士さんって、何の仕事するんですか?」

目の前に座る、くっきりと濃いピンク色の口紅を隙なく塗った女が、僕に質問してきた。

今日は同期の健に誘われた、『マディソン ニューヨークキッチン』での食事会だった。




会社の決算時期に突入すると徹夜になることも多いが、今は繁忙期明けで時間がある。仕事終わりに、女性たちとこうして食事する時間だって確保できる。こうした息抜きがあるからこそ、繁忙期を何とか乗り越えられるのだ。

だから何度聞かれたか分からないこんな質問にも、にこやかに答えた。

「企業の決算に不正がないか、チェックする仕事だよ」

しかし目の前にいる女性は、全く分かっていないようだった。テレビドラマなどで馴染みがある弁護士と違って、会計士の仕事は理解されづらい。すると、隣にいる健がすかさずフォローを入れる。

「隆一は、堅いなぁ。公認会計士ってね、クライアントから先生、先生って言われる仕事なんだよ」

健の答えに、女性たちはようやく反応できる言葉が見つかったとばかりに、「すごーい!」と頷く。

健は一番仲の良い同期で、日大出身の元ラガーマン。丸っこい体型と軽快なトークで、誰からも愛されるキャラクターだ。

逆に僕は身長180センチ、健曰く“今流行りの塩顔”で、「食事会に隆一を連れて行くと見栄えが良い」らしい。

「ごめんね、分かりづらくて」

質問してきた女性に、僕はにこやかに微笑みかける。すると彼女は「こちらこそ、すみません」と自分の無知を恥じるように答えた。

彼女は派手な外見の割に、あまり男性には慣れていなそうだ。興味を持った僕は、彼女の隣に座った。健は、他の女性たちときゃっきゃっとはしゃいでいる。

今日も、いつも通り楽しい夜だ。

23歳のときのような野心は徐々になくなっていたが、今の生活は決して悪くない。最大手監査法人勤務の肩書きはどこに行っても通用するし、給料だって平均水準以上。

健も僕も、この生活に満足していたはずだった。

だからこそ、この食事会が終わって1週間後に来たメールに、僕はひどく動揺した。



その日の朝、いつも通りメールのチェックをしていると、定期的に配信される人事情報が届いていた。

数千人規模の会社なので、知らない人の名前が羅列されているばかりだ。だからその日も、いつも通り惰性でメールを開けた。

しかしそこには、信じられない名前があった。

「9月30日退職 磯野 健」

つい1週間前に一緒に食事会に繰り出していた健が、何の前触れもなく退職を決めいていたのだ。僕は目を、疑った。


同期の健が辞めた理由とは?



「北村?どうしたんだ?固まってるぞ」

デスクで呆然としていると、オフィスにちょうど着いた冴木さんが声をかけてきた。

「・・・いや、今人事情報を見て」
「磯野のことか?」

冴木さんは僕の上司で、シニアマネージャーだ。最年少パートナー候補の一人として、社内でも注目されている存在である。僕と同じ慶應の商学部出身ということもあり、何かと気にかけてくれるのだ。

「はい。何も知らなくて」

冴木さんは少しの間のあと、「ベンチャー企業のCFOらしいぞ」と教えてくれた。その言葉に、また頭がフリーズする。

―ベンチャーのCFO?ヘッドハンティングでもされたのか?




誰よりもお気楽に見えた健が、水面下でそんなことを進めていたなんて信じ難かった。



「隆一、聞いてるの?」

その日の帰り道、彼女のユキと電話していると、電話越しの声が不満そうに響いた。健のことに気を取られて、ユキの話をきちんと聞いていなかったのだ。

「あ、ごめん。何だっけ」

「だから・・・。新入社員時代の上司が、宇都宮の支店に飛ばされたの。出世コースから、外れたのよ」

ユキは、大手メガバンクの一般職だ。同い年で27歳、付き合って3年目である。「そうなんだ」と相槌を打つと、躊躇いがちにこう続けた。

「隆一の会社って、どうなの?」
「どうって?」
「・・・出世競争、激しいのかなって」

ユキが結婚を意識していることは、会話の節々から伝わってくる。銀行員だけあって、ユキはかなりの安定志向だ。昔の上司が出世競争に敗れて、自分のパートナー(になりうる相手)の未来が、心配になったのだろう。

ユキの思う安定とは、僕が今の会社で出世することをさすのだろうか。

公認会計士といえど所詮はサラリーマン。今の会社にいれば、安定した未来が保証されている。上を目指すことが、きっと“正解”のはずだ。

そこまで考えると、急に息苦しさを感じた。23歳のときに思い描いていた未来は、こんなに窮屈なものではなかったのだ。

―健も、そう思って転職したのか?

ユキとの電話を切り、僕は慣れ切ってしまった今の生活に、うっすらと“迷い”を感じ始めた。

▶NEXT:10月9日 月曜日更新予定
転職する同期に触発された隆一が取った行動とは?