話しかけると照明ON! スマホの召使い化が止まらない

写真拡大 (全11枚)

乗り換え検索から目覚ましの設定まで、できないことはないくらい活躍してくれるiPhoneのSiri。最近は、部屋の照明までコントロールしてムード演出できるってご存知ですか? まるでテレビのチャンネルを変えるような感覚で、照明をコントロールできるんです。


「灯りをつけて」と言うだけで
部屋じゅうの照明をオン


間接照明は、設置するだけで部屋の雰囲気をグッとアップしてくれますが、何箇所も設置すると、いちいち一箇所ずつオンオフするのが面倒ですよね。



でも、そんな不満はもう過去の話。スマホを使えば、「灯りをつけて」の一言で部屋じゅうの灯りを一括コントロールできる時代が到来しているんです。



フィリップス
Hue ホワイト
グラデーション
スターターセット
実勢価格 :1万5984円

フィリップスの「Hue」はAppleのスマートホーム規格「HomeKit」に対応したワイヤレス対応の照明器具。iPhoneで「Siri」に「 灯りをつけて」と言うだけで、部屋中の灯りを一発で点けられます。



窓枠などに貼り付けられるテープ型照明や



バッテリー式のライトなど複数のバリエーションがあり、siriを使えばその全てが一発で点灯。



Hueの専用アプリを使えば、部屋ごと、照明器具ごとに光を調節できるんです。


1600色のカラーで
家の雰囲気をチェンジ



さらにスゴイのは、1600色に及ぶ豊富なカラーを自由に操れること。プリセットされたモードをタッチすれば、部屋の雰囲気をさまざまに変えることができるんです。

Hue ホワイトグラデーション スターターセットにはカラーチェンジ機能がないので、対応する器具を用意します。



仕事など、作業に集中したい気分のときには日中のような明るさに。



こちらは部屋全体が華やぐ「桜」色。やわらかな色合いで普段使いにも向きます。



青と緑が混ざったような「オーロラ」なら、部屋が一気に涼しげに。



夜にまったりくつろぎたいときには、暖色系の「サバンナ」がオススメ。非日常的なムードが醸し出せます。

今までは単なる面倒な動作だった電気のオン・オフが、これさえあれば楽しみに変わるはず!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。