乾は7戦連続先発も見せ場作れず…エイバル、3失点完封負けで3連敗

写真拡大

 リーガ・エスパニョーラ第7節が10月1日に行われ、日本代表MF乾貴士が所属するエイバルはアウェイでビジャレアルと対戦した。乾は7試合連続の先発出場で左MFに入った。

 試合は開始25分にビジャレアルの先制で動く。マヌエル・トリゲロスが前線に浮き球のパスを送ると、ペナルティエリア手前で受けたセドリック・バカンブが飛び出したGKの頭上を越すループシュートでゴールネットを揺らした。

 さらにビジャレアルは後半に入って52分、右サイドでフリーのニコラ・サンソーネがエリア内へグランダーのクロスを入れると、ゴール前に走り込んだバカンブが左足で合わせて追加点を挙げた。

 反撃したいエイバルは55分、乾がエリア内中央でこぼれ球に反応し、ダイレクトで右足を振り抜くが、シュートはわずかに枠の右に外れた。だが75分、エイバルはアナイツ・アルビージャがエリア内でサム・カスティジェホを倒してしまい、ビジャレアルにPKを献上。これをバカンブがGKと逆のゴール右隅に沈め、ハットトリックを達成した。

 3点リードに広げられたエイバルは84分、乾の落としを受けたジョアン・ジョルダンが右足を振り抜くが、シュートは惜しくもクロスバーに直撃。エイバルは反撃できないままタイムアップを迎え、0−3で3連敗を喫した。一方のビジャレアルは3試合ぶりの白星となった。なお、乾はフル出場している。

 エイバルは次節、15日にホームでデポルティーボと対戦。ビジャレアルは同日にジローナとのアウェイゲームに臨む。

【スコア】
ビジャレアル 3−0 エイバル

【得点者】
1−0 25分 セドリック・バカンブ(ビジャレアル)
2−0 52分 セドリック・バカンブ(ビジャレアル)
3−0 76分 セドリック・バカンブ(PK)(ビジャレアル)