乾がフル出場もエイバルはバカンブにハットトリックを許し完敗…《リーガエスパニョーラ》

写真拡大

▽リーガエスパニョーラ第7節のビジャレアルvsエイバルが1日に行われ、3-0でビジャレアルが勝利した。エイバルの日本代表MF乾貴士はフル出場した。

▽前節ヘタフェに完敗した14位ビジャレアルの本拠地エスタディオ・デ・ラ・セラミカに18位エイバルが乗り込んだ一戦。キケ・ガルシアとセルジ・エンリクの2トップに乾とペーニャを両翼に配置した[4-4-2]の布陣で臨んだエイバルは、立ち上がりから一進一退の攻防を見せる。

▽しかし、25分にトリゲロスの浮き球のパスでDFの裏に抜け出したバカンブが飛び出したGKの上を抜くループシュートを放つと、これがそのままゴールネットを揺らし、ビジャレアルが先制した。

▽先手を取ったビジャレアルは38分、ボックス右手前でボールを受けたロドリゴ・エルナンデスが強烈なミドルシュートでエイバルゴールを脅かすが、これはGKドミトロビッチがわずかに触り枠の上に外れた。

▽1点リードで前半を終えたビジャレアルは、後半も開始早々にスコアを動かす。52分、最終ラインからのパスをセンターサークル付近で受けたフォルナルスがワンタッチで右サイドに捌くと、右サイドを抜け出したサンソーネがクロスを供給。これをゴール前に走り込んだバカンブが滑り込みながら流し込み、追加点を奪った。

▽エイバルの反撃は55分、フンカの左FKをファーサイドのセルジ・エンリクが頭で落とすと、これを受けたキケ・ガルシアがシュート。しかし、これは相手DFのブロックに阻まれ、こぼれ球をボックス中央の乾が合わせるも、シュートはゴール右に外れた。

▽リードするビジャレアルは75分、フォルナルスのスルーパスに反応したカスティジェホがボックス左でアルビージャに倒されPKを獲得。このPKをバカンブがゴール右に決め、ハットトリックを達成した。

▽両チームが3枚の交代カードを使い切り、試合終盤に突入。エイバルは83分にシャルレスの落としをペナルティアーク手前で受けたホルダンがミドルシュートで狙うも、これはクロスバーを直撃する。

▽結局、その後はスコアが動かず3-0で試合終了。3試合で13失点を喫したエイバルは、リーグ戦3連敗となった。