失点が止まらないエイバルは3連敗

写真拡大

[10.1 リーガ・エスパニョーラ第7節 ビジャレアル0-3エイバル]

 リーガ・エスパニョーラ第7節3日目が1日に開催され、MF乾貴士が所属するエイバルがビジャレアルのホームに乗り込み、0-3の完封負けを喫した。開幕から7試合連続先発出場を果たした乾だが得点には絡めなかった。

 前節、セルタに0-4の完敗を喫したエイバルは、前半25分に先制点を献上してしまう。MFマヌエル・トリゲロスからの浮き球のパスでFWセドリック・バカンブに抜け出されると、距離を詰めようとしたGKマルコ・ドミトロビッチの頭上を抜かれるループシュートを沈められ、スコアを0-1とされた。

 左サイドハーフの位置に入った乾は体を張って相手攻撃を遅らせるなど守備面での貢献を見せたものの、なかなかボールを呼び込めずに攻撃面では見せ場を作れない。

 0-1とビジャレアルにリードを許したまま後半を迎えると、後半7分に鮮やかなパスワークからFWニコラ・サンソーネに左サイドを駆け上がられると、グラウンダーのクロスに飛び込んだバカンブにネットを揺らされ、リードを2点差に広げられてしまう。

 後半10分にはFKの流れからフリーになった乾に決定機が訪れるが、PA内で右足で合わせたシュートはゴール右に外れた。すると、同30分にDFアナイツ・アリビラがMFサム・カスティリェホにPA内でファウルを犯してビジャレアルにPKを献上すると、バカンブにハットトリックとなるシュートを決められてしまった。

 後半39分には乾の落としからMFホアン・ホルダンが放ったシュートがクロスバーに阻まれるなど、エイバルには得点は生まれず。前々節バルセロナ戦で6失点、前節セルタ戦で4失点と大量失点が続くエイバルは守備崩壊が止まらずに0-3の完封負けを喫した。


●海外組ガイド

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集