リオネル・メッシが2ゴール1アシスト【写真:Getty Images】

写真拡大

【バルセロナ 3-0 ラス・パルマス リーガエスパニョーラ第7節】

 現地時間1日に行われたリーガエスパニョーラ第7節でバルセロナはラス・パルマスをホームに迎え、3-0の勝利を収めた。

 カタルーニャ自治州ではこの日、スペインからの独立の是非を問う住民投票が行われている。中央政府は多くの警官を送り込み、一部投票所を封鎖するなど、緊張感が高まっていた。この状況を受けて、バルセロナの本拠地カンプ・ノウではスタジアムのゲートが開かれず、試合直前に無観客で行う決定が下されている。

 バルセロナはファンの後押しがないことが影響したのか、前半はややスローペース。21分にメッシのFKが枠をとらえるシーンなど好機はあったが、リードはできなかった。

 それでも後半は好スタートを切る。49分、メッシのCKにブスケッツが頭で合わせてバルセロナが先制した。

 その2分後には、ルイス・スアレスがGKと1対1の決定機を迎える。だが、シュートを放つ前に転倒。追いかけてきたDFとの軽い接触があったもののPKはもらえず、シミュレーションで警告を出されてしまう。

 それでもペースはバルセロナ。70分にはデニス・スアレスの見事なスルーパスを受けたメッシがGKをかわして2点目を記録し、今季リーグ戦2ケタ得点に達する。77分にはルイス・スアレスのスルーパスで再びメッシが決めて、3-0となった。

 バルセロナは終盤、後半から出場のイニエスタが負傷を抱えたようで交代するアクシデントもあったが、結果には影響なし。バルセロナが3-0で勝利を収め、開幕から続く連勝を7とした。

【得点者】
49分 1-0 ブスケッツ(バルセロナ)
70分 2-0 メッシ(バルセロナ)
77分 3-0 メッシ(バルセロナ)

text by 編集部