先発フル出場したMF小林祐希

写真拡大

[10.1 エールディビジ第7節 ヘーレンフェーン0-4アヤックス]

 エールディビジ第7節が1日に行われ、MF小林祐希の所属するヘーレンフェーンはホームでアヤックスと対戦し、0-4で敗れた。開幕7試合連続スタメンの小林はフル出場している。

 前節終了時点で2位につけるヘーレンフェーンが7位アヤックスを本拠地に迎えた一戦。開始からアウェーのアヤックスがボールを支配し、ヘーレンフェーンを押し込んでいく。そして前半38分、ワンツーで中央を崩し、FWダビ・ネレスが左足で先制ゴールを奪取。同41分にはGKのロングキックをFWクラース・ヤン・フンテラールが頭でそらし、抜け出したネレスが追加点を決めた。

 劣勢を強いられるヘーレンフェーンの頼みの綱はFWマルティン・エーデゴーアの左足となったが、良い位置でのFKがポストを叩くなど、ゴールが遠い。2点ビハインドで前半を折り返すと、後半15分にPA手前右でDFデンゼル・ダンフリースが倒されてFKを獲得。笛が鳴った直後から小林がボールを離さず、キッカーを志願する。日本代表MFは同16分、左足で目の覚めるようなブレ球FKを見せるも、GKの正面付近に飛んでしまい、弾き出された。

 主導権を握り続けるアヤックスは後半30分にMFラッセ・シェネがPKを沈め、リードを3点に広げる。相手に反撃の隙を与えず、同38分にはDFマクシミリアン・ベーバーがネットを揺らして勝負あり。ヘーレンフェーンはホームで0-4と、名門クラブに力の差を見せつけられる結果となった。


●海外組ガイド